• 美容界ニュース

「エステティック業界の健全化」を関連団体、および会員各社と協力して推進
【年頭所感/(一社)日本エステティック工業会】

謹んで新年のごあいさつを申し上げます。
日頃は当工業会の活動にご理解をいただきまして感謝申し上げます。

一般社団法人日本エステティック工業会
理事長代行 井上忠

 新型コロナウイルスの感染拡大により、当工業会企業のお客さまである多くのエステティックサロン様は、厳しい経営環境に置かれております。そのような中、エステティック関連の機器や化粧品の製造業、販売業および輸入業を営む当工業会会員企業も、衛生に関わる商材をはじめ、必要とされる機器などの開発を通してエステティック業界の健全な発展に貢献できればと考えています。

 当工業会は、引き続きエステティック業界の健全化を掲げ、「安全」「安心」の機器及び化粧品の生産と安全基準に基づいた対応を行う所存でございます。

 機器につきましては、機器委員会にて、キャビテーション・EMS・RF・エステティックポレーション部会を新設し、この4機種はエステティックサロンにて多く利用されており、特定非営利活動法人日本エステティック機構の機器認証32機種に加えるべく、規格基準を策定するために活動を行って参ります。

 エステティック業界では、いまだ危害情報や契約に関する苦情が多く存在する状況と、「セルフエステでの危害」「HIFU機器による施術のトラブル」の注意喚起を踏まえ、当工業会の会員企業には、セルフエステ事業者への、業務用機器の販売または、リースを行わないことにしております。

 また、医療機器HIFUにつきましても、エステティックサロンで取り扱わないよう指導するとともに、エステティックサロンが励行しなければならない法令等について、日頃の営業活動を通し、適切にエステティックサロン運営の助言をしていただくよう社内の方針展開の確立をお願いしています。

 さらに、(一社)日本エステティック振興協議会に積極的に協力し、危害情報や苦情の撲滅に力点を置き、作成過程にある自主基準に力を注いでまいります。

 美容ライト脱毛では、昨年も主要都市で安全講習会の運営に取り組み、その結果今期までの累計実績は、9000人を越す皆様に勉学いただきました。2022年より、eラーニングでの受講が可能になり、全国300カ所にて試験を受講できるようになります。

 そして、会員企業のご協力で美容ライト機器は、(一社)日本エステティック振興協議会の機器認証を9社31機種の取得をしています。

 2020年11月、NPO法人日本エステティック機構の事業者登録制度にて、登録エステティックサロンでの、使用機器につきまして安全実施期限が、2023年末までと発表され、今後のエステティックサロンでの機器によるトラブルが軽減され、当工業会が推進しています機器の安全性をサロン事業者の皆様にも周知し、会員各社は、美容ライト機器以外の機器認証取得にも目を向けていただき、「安全」「安心」の機器を是非市場に多く投入できるようお願いを申し上げます。

本年も当工業会は「エステティック業界の健全化」に向け、会員各社と協力して推進してまいります。
皆様にとって、輝かしい年になることと、さらなるご繁栄をご祈念申し上げ年頭のごあいさつとさせていただきます。

2022.01.01
share
新リアル型ネイルイベント『JNAスプリングトレードシ...

新リアル型ネイルイベント『JNAスプリングトレードシ...

 NPO法人日本ネイリスト協会(以下、JNA/仲宗根幸子理事長)は、3月14日(月)、大阪市住之江区のATC...

JHCAが2022年も動画コンテスト出場チームを募集

JHCAが2022年も動画コンテスト出場チームを募集

 NPO法人日本ヘアカラー協会(JHCA、江波戸大介2021年度委員長)は、年度の節目に開催しているヘアカラ...

magazine

pagetop