• 美容界ニュース

MIRARERU project 2023より、それぞれの「なりたい美容師」について見つめ直す「人生に寄り添う美容を本気で考える日」開催

 大阪府の美容ディーラー・(株)リーディアル(橋本健治代表取締役)は、9月11日(月)、梅田サウスホールにて、“美容師として働く喜びを再認識してもらうこと”を目的としたイベント「人生に寄り添う美容を本気で考える日」を開催した。
 同イベントは“関西の美容を盛り上げる!”をコンセプトとした「MIRARERU project」の一環であり、今回で7回目。

最新の美容商材や業界情報が一堂に集結

 当日は、美容にまつわる専門家だけでなく、写真家や医師、スポーツトレーナー、ドレススタイリスト、シェフパティシエ、宮大工など、「寄り添う」ことを大切にする他業種の有識者も招いたスペシャル対談や異業種トークセッション、デモンストレーションなど、多彩なプログラムが組まれた。

 クリエイタースペシャル対談では、同イベントのキービジュアルも撮影した写真家のハービー・山口氏と、boy代表の茂木正行氏が、「プロとして大切にしている『自分軸』」について語り合った。

最新の美容商材や業界情報が一堂に集結
▲写真家のハービー・山口氏とboy代表の茂木正行氏のスペシャル対談。

 また会場には、さまざまな美容情報を入手できるブースを設営。いつもの生活に取り入れるだけのボディケアアイテム、世界初美容液ドライヤー、話題のヘッドスパ機器「頭浸浴」とスパメニューなど、コロナ禍を経て進化を続ける美容商材やサービスが揃った。体験コーナーも「パーソナルカラー診断の秘訣と活用術」「近未来カウンセリングミラー」「シザーズ、セニングの展示と試し切り」「理学療法士の体メンテ」などで充実。着付けヘアセットや訪問美容のデモンストレーションも人気を博した。

▲体験コーナーも多彩な提案で来場者の興味を引いた。

 昨年同様、SDGsの取り組みとして、カラーチューブ回収コーナーやラオスの美容・経済発展に貢献する「ラオスビューティープロジェクト」コーナー&古着回収BOXの設置も実施。カラーチューブ回収については2014年よりスタートし、協力サロンは現在259軒にのぼり、9年間で集まったカラーチューブは合計739kg、総額165,912円に達したことを展示物で提示。リサイクルで発生した対価は、全て(財)日本ユニセフ協会に寄付し、世界の子どもたちの命や健康を守る活動などに役立てられていることが説明された。

 この日、美容関係者から美容に関心の高い一般客まで、性別・世代を問わず500人以上が来場した。

▲「ラオス ビューティープロジェクト」の取り組みを写真と資料で公開。
2023.10.03
share
令和5年度「全美商連近畿ブロック」「大阪美容器具卸商...

令和5年度「全美商連近畿ブロック」「大阪美容器具卸商...

 美容ディーラーの全国組織である全国美容用品商業組合連合会(以降/全美商連、菊地浩市理事長) の近畿ブロック...

(株)ガモウ関西 京都本社が四条烏丸エリアに移転

(株)ガモウ関西 京都本社が四条烏丸エリアに移転

 美容ディーラーの(株)ガモウ関西(藤本圭哉代表取締役会長、亀井 瞬代表取締役社長)は、6月25日(火)より...

magazine

pagetop