• 美容界ニュース

理美容室専売化粧品「ルベル」を展開するタカラベルモントの化粧品事業が「コスメバンクプロジェクト」に参画

 タカラベルモント(株)(吉川秀隆代表取締役会長兼社長)の化粧品事業は、(一社)バンクフォースマイルズ(山田メユミ代表理事)が運営する「コスメバンクプロジェクト」に協力企業として参画し、クリスマスに合わせた秋冬ギフトとして、ヘアケア化粧品計8,000点を、ひとり親世帯など経済的困難を抱える女性たちへ寄贈する。

クリスマスに合わせ経済的困難を抱える女性たちへ、ヘアケア商品を寄贈

 同プロジェクトは、「女性と地球にスマイルを」を合言葉に、2022年3月に本格始動。昨今のコロナ禍による雇用状況の悪化などから、女性の貧困がさらに深刻化していると言われており、そうした経済的事情などから化粧品を手にできない女性と、行き先が決まっていない化粧品をマッチングし、必要な人に無償で届けるという取り組み。タカラベルモントの化粧品事業は、この活動に賛同し、2023年5月に「母の日ギフト」を寄贈。12月のクリスマスプレゼントとして2回目を実施する。

クリスマスに合わせ経済的困難を抱える女性たちへ、ヘアケア商品を寄贈

 今回寄贈する化粧品は、同化粧品事業が展開する理美容室専売化粧品ブランド「LebeL(ルベル)」のヘアコスメプロダクトシリーズ「SEE/SAW(シーソー)」のヘアケアアイテム。当シリーズは、人を一瞬で魅了する透明感のある艶やかな髪を通じて前向きな自信をもたらし、一人でも多くの女性が輝けるようエンパワーメントすることを目指している。

 同社は、『人と地球の「らしさ」輝く社会をつくる。』をサステナビリティポリシーに掲げ、SDGsの達成に貢献することを使命としている。「コスメバンクプロジェクト」の活動もその一環と位置付け、経済的に困難な状況にいる女性をサポートするとともに、誰もが自分らしくいられるウェルビーイングの実現を目指すという。

2023.12.20
share
ヘンケルジャパン(株)コンシューマーブランド代表にロ...

ヘンケルジャパン(株)コンシューマーブランド代表にロ...

 ヘンケルジャパン(株)では、シュワルツコフ プロフェッショナル事業や資生堂プロフェッショナル(株)などのプ...

2025年大阪・関西万博開幕400日直前、TB-SQ...

2025年大阪・関西万博開幕400日直前、TB-SQ...

 タカラベルモント(株)(吉川秀隆代表取締役会長兼社長)は、「国際女性デー」前日の3月7日(木)、大阪府大阪...

magazine

pagetop