• 美容界ニュース

美容業界のSDGsを啓発、2023年度 全国美容週間実行委員会が華麗に幕

 9月4日「くしの日」を軸とした1週間を美容週間として、美容業界の活性化に向けた活動を行うNPO法人美容週間振興協議会(瀧川裕史理事長)・全国美容週間実行委員会(吉田牧人第45代実行委員長)は、2023年度を締め括るファイナルパーティーを、11月28日(火)18時より、東京都新宿区のハイアットリージェンシー東京で開催した。

第46代実行委員長はPATINA・枝村 仁氏、教育を軸にSDGs

 「SAVE THE BEAUTY」を年間テーマとして、美容業界におけるSDGsへの取り組みについての啓もう活動を展開してきた2023年度実行委員会の吉田牧人実行委員長が、有終の時を迎えた。

 冒頭のあいさつに立ったNPO法人の滝川理事長は「世界を見渡すとまだまだ厳しい状況が続き、たくさんの問題がある中で、吉田実行委員長が掲げたテーマのもとで、美容業界におけるSDGsへの取り組みを社会に向けて発信でき

たことは、業界に人が入ってくる環境づくりにおいて意義のある1年だった」と評価。「若い人の参加も増え、新たな地区実行委員会も立ち上がるなど、地域活動の活性化にも期待したい」と次年度以降への思いも述べた。

 続てい協賛メーカーを代表して、(株)アリミノ・田尾大介社長がねぎらいの言葉を述べた後、第11代実行委員長である同団体・横田敏一副理事長の乾杯発声で宴席へと移行した。

第46代実行委員長はPATINA・枝村 仁氏、教育を軸にSDGs
▲滝川裕史理事長は、吉田牧人実行委員長のSDGsの取り組みを高く評価。

 活動報告に登壇した吉田実行委員長は、会議においてメンバーがマイボトル持参するなど、SDGsへの意識がすこしずつ浸透してきた様子を振り返ったほか、とにかく会合を明るい場にしたいという裏テーマを持って毎月の会議に臨んでいたことを明かし「自分にとって大変有意義な時間を過ごせた。活動が50年、100年と続くよう、できる限りの協力をしていきたい」と引き続き活動に携わっていく意向も示した。

 ビッグコームのバトンを授受する委員長交代の儀式においては、次期実行委員長として、8月29日の「くしの日」イベントでヘアドネーションのデモンストレーションを担当したPATINAの枝村 仁氏が紹介された。ビッグコームを受け取った枝村氏は、2024年の活動テーマに「HIGHQUALITY EDUCATION FOR ALL」を掲げ、吉田委員長が立ち上げたSDGsの取り組みの継続を宣言。「SDGsのセカンドステージとして、具体的な実践は教育にフォーカスし、技術だけでなく、心の教育でつながっていくような形をつくっていきたい」と抱負を述べた。

 なお当日、パーティー開催前には、実行委員会主催のコンテスト「マスターズカップ」が開催され、競技終了後には石田吉信SDGs委員長によるSDGsセミナーで、コンテスト参加者・来場者の意識向上を促した。

▲ビッグコームのバトンは吉田牧人氏から枝村 仁氏の手に。
▲2024 年の実行委員会メンバーも紹介された。

2024 年度活動テーマ
HIGH QUALITY EDUCATION FOR ALL
より良い教育をすべての人へ ~教育で美容の未来を広げる~

2023年から続くSDGsの継続を進めていく為に、だれもが公平に、より良い教育を受けられるように、また一生に渡って学習できる機会を広め、美容業界に携わる全ての人達が共に成長できる『美容週間』を目指していきます。

2023.12.15
share
ICDアジアコングレス4月23日(火)渋谷ヒカリエで...

ICDアジアコングレス4月23日(火)渋谷ヒカリエで...

 世界のヘア・ファッション業界を推進することを活動目的とする美容師の国際交流組織、ICD(インターコワフュー...

JBCA 2024年第1回全体総会

JBCA 2024年第1回全体総会

 NPO法人日本ビューティ・コーディネーター協会(以下JBCA/板倉雄三理事長)は、3月28日(木)17時3...

magazine

pagetop