• 美容界ニュース

大阪の美容業界主要3団体の協議機関が年はじめ「2024年 大阪美容業振興協議会 新年互礼会」開催

 大阪美容器具卸商協同組合(小西隆雄理事長)、(一社)大阪府美容師会(西口麻理子会長)、大阪府美容生活衛生同業組合(北里哲郎理事長)の3団体で組織される大阪美容業振興協議会主催による新年互礼会が、1月11日(木)18時より、大阪府大阪市のホテルモントレグラスミア大阪において盛大に開催された。

2025年開催、大阪・関西万博の後援を受けた「第10回アジアビューティエキスポ」成功に向けた助走の年

主催者3団体の会員のほか、大阪府・大阪市の議員、関連団体代表、在阪の美容学校、メーカー、流通商社、美容団体など業界関係者が一堂に会する新年恒例イベント。

主催者を代表して新年のあいさつに立った大阪美容器具卸商協同組合・小西隆雄理事長は「この新年互礼会は4年ぶりの開催。コロナ禍で3年間、会場を仮押えてはキャンセルしていたが、ようやく開催でき嬉しく思う」と思いのたけを明かした上で、「大阪の街では外国人が笑顔で観光を満喫している様子を見て、コロナ以前の活気が戻ってきたと感じる。昨年はプロ野球日本シリーズで大阪が盛り上がった」と2023年を振り返り、「来年は大阪・関西万博でさらに活気づくと期待。美容界でも、全美商連主催の『第10回アジアビューティエキスポ』が、万博の関連事業とし開催される。皆さまにはぜひお力をお借りしたい」と、国内最大規模の“美の祭典”開催の成功に向けて協力を仰いで締めくくった。

来賓祝辞には、吉村洋文大阪府知事(代読)、久谷眞敬大阪府議会議長、新谷憲一大阪市健康局局長が順次登壇。タカラベルモント(株)・高宮 実常務執行役員・理美容事業部長の乾杯発声により祝宴がスタートした。宴席においては祝電披露や議員紹介が行われ、後半は抽選会で大いに盛り上がった。

2025年開催、大阪・関西万博の後援を受けた「第10回アジアビューティエキスポ」成功に向けた助走の年
▲3組織を代表し、大阪美容器具卸商協同組合・小西隆雄理事長による年頭のあいさつ。

2024.01.25
share
令和5年度「全美商連近畿ブロック」「大阪美容器具卸商...

令和5年度「全美商連近畿ブロック」「大阪美容器具卸商...

 美容ディーラーの全国組織である全国美容用品商業組合連合会(以降/全美商連、菊地浩市理事長) の近畿ブロック...

福島会長が3選、全日本美容講師会が第7回通常運営委員...

福島会長が3選、全日本美容講師会が第7回通常運営委員...

 美容技術の向上と優れた指導者の育成を目的とする全日本美容講師会(福島吉範会長)は、令和6事業年度 第7回 ...

magazine

pagetop