• 美容界ニュース

BEAUTY SALON FUTURE SESSION「世代を超えたおしえあい」で現役美容学校生と美容師がトークセッション

 美容業界の教育DXを推進するツール「soeasy buddy for beauty」などを展開している(株)soeasy(飯尾慶介社長)は、1月23日(火)19時より、東京都渋谷区のフジシン青山FASTAスタジオにて、美容学校生向けコミュニティーメディア・BESIONとの共催により、現役美容学校生と美容師がフラットな場で交流し、情報交換を行うトークセッションを開催。約40人が参加した。

美容学校生が本音で語るいまどきの就職事情

 トークセッションに登壇したのは、美容師側からは、fifthグループCMO・木村允人(まさと)、JIL BLAN代表・和泉貴大、(株)tida smile代表・栄田光平の各氏、美容学校生側からは、山野美容専門学校2年生・中丸ひなた、町田美容専門学校高等課程2年生・宮本隼煌(としき)の各氏。他、BESION代表・高塩貴史氏がオブザーバーとして加わった。

 セッションでは、「採用する側・される側の本音」や「最高の美容師像」について、

「先生が求人票を持ってくるサロンは、ブラックじゃない、生徒を任せられると思っているサロンだと判断している」(宮本さん)

「(オーナーや組織の)言動が不一致になると(スタッフは)離職する。(僕たちオーナーは、離職が多い美容業界の)根源を直さないといけない。(生徒は)環境が腐っているところへ行かない方がいい」(木村さん)

「(採用した)生徒さんたちを育てて、学校へ連れて行って、立派になりました、と報告するのが、(大事な生徒を預けてくれた)先生への恩返し」(和泉さん)

「美容学校生として学内外のイベントに参加し、採用面接を受ける中、一人では何もできない、皆で手を取り合うのがいいと気付いた。人のために何かできる美容師が、最高の美容師」(中丸さん)

などと本音をぶつけ合い、「来て良かった! 若い方がすごすぎる!」(栄田さん)との感想に皆が納得する、充実したイベントとなった。

美容学校生が本音で語るいまどきの就職事情
▲写真右から、fifthグループCMO・木村允人、JIL BLAN代表・和泉貴大、(株)tida smile代表・栄田光平、山野美容専門学校2年生・中丸ひなた、町田美容専門学校高等課程2年生・宮本隼煌)、BESION代表・高塩貴史の各氏。
2024.01.25
share
尼崎理容美容専門学校 創立70周年記念式典・同窓会

尼崎理容美容専門学校 創立70周年記念式典・同窓会

 学校法人阪神専修学校・尼崎理容美容専門学校(半田一朗理事長・鈴木良子校長)は、今年創立70周年を迎え、11...

京都美容専門学校「創立90周年記念パーティー」を、第...

京都美容専門学校「創立90周年記念パーティー」を、第...

 京都美容専門学校(田熊文子理事長・西 初美校長)は、創立91年目の今年、昨年はコロナ禍の影響を鑑みて開催を...

magazine

pagetop