• 美容界ニュース

WEBメディアDroptokyoがルベルのヘアカラーブランド「edol(エドル)」のファンイベントを主催

 東京のストリートファッションを国内外に向けて発信するWEBメディア「Droptokyo」とのコラボにより、これまでフォトセッションやフォトコンなど、さまざまな形でブランディングを展開してきたルベルのヘアカラーブランド「edol(lエドル)」。2月26日(月)には、「Droptokyo PRESENTS edol FAN EVENT」が、東京都港区のWALL&WALLで開催された。

マルチに展開する情報発信でクリエイションの意欲を刺激する

 同ヘアカラーブランド「エドル」を愛用するヘアスタイリストに向けたファンイベントが、その魅力をさらに実感できるシークレットライブとして開催された。

 業種の垣根を超えた交流により、ブランディングやクリエーションの幅を広げる人脈づくりをバックアップする、という目的で企画された同イベントは、Droptokyoとのコラボによるヘア&ファッションステージに加え、クリエーションの質を高めるための4つのブースを設定してプログラムが構成された。

 第1部のヘア&ファッションショーは、10サロンのヘアスタイリストがヘアの創作を担当。ストリートファッションを「昭和」「平成」「令和」と年号ごとのステージ設定で、それぞれの解釈から、その時代におけるトレンドファッションを今の気分で表現した。

マルチに展開する情報発信でクリエイションの意欲を刺激する
▲「昭和」のステージでヘアショーがスタート。
マルチに展開する情報発信でクリエイションの意欲を刺激する
▲ヘアカラーブームが起こった90年代以降の「平成」ファッションを表現。
マルチに展開する情報発信でクリエイションの意欲を刺激する
▲まだまだ未知の領域である「令和」を近未来的に演出。

 ヘア&ファッションショーのヘア担当者(敬称略)は以下の通り(敬称略)。
昭和:佐藤真那人[punel]、久野詩津香[nenen]、樋口すずの[cinq]、Kaito[hair BLUCK/THEATER]
平成:野々口祐子[SYAN]、長田隆聖[AFLOAT]、吉田彩花[HONDA PREMIER HAIR]
令和:本田あかり[tuki yokohama]、Satoru[romp]、Shoyo[k.e.y]

 その後、スペシャルゲストのタレント2人によるトークセッションが行われた他、2ステージに分かれてメイクレッスンやフォト講座なども組まれた。別室においてはファッションスタイリストの出品によるフリーマーケットが開かれて大いににぎわいを見せ、スナップ撮影用のブースも好評を博した。

 最後のプログラムとして組まれたライブパフォーマンスには、シンガーソングライターの石崎ひゅーいさんがサプライズで登場し、会場の熱気がさらに上昇。「花瓶の花」「夜間飛行」「パラサイト」など、全6曲を熱唱し、参加理美容師にとっての特別な夜を演出した。

▲メイクレッスンコーナーやフォトグラファーによる講座では、参加者からの質問が多く投げかけられた。
▲ステージに熱い視線を注ぐ「エドル」ファン。
▲ハイセンスな出品がそろったフリーマーケットも大いに盛り上がった。
2024.03.19
share
薬剤に添加するだけでブリーチ施術の懸念を解消/(株)...

薬剤に添加するだけでブリーチ施術の懸念を解消/(株)...

ブリーチのクオリティーを上げながら、サロンの生産性も向上させられる。そんな添加剤を開発したのがボヤージュコス...

imaiiがヘアカラーのライブイベント「imaii ...

imaiiがヘアカラーのライブイベント「imaii ...

 ブランドサロン『imaii』を展開する(株)イマイ・インセンティブ(有村雅弘代表取締役社長)は、ヘアカラー...

magazine

pagetop