• 美容界ニュース

NHDK会長のM.TANIGUCHI代表・谷口光正氏が逝去

 美容協同組合 日本ヘアデザイン協会の会長で、美容サロンチェーンを展開するM.TANIGUCHIビューティグループ代表の谷口光正氏が、かねてより病気療養中のところ、4月21日に逝去した。享年87。葬儀はすでに近親者で執り行われており、後日、お別れの会が催される。

独自の視点で技術者教育に注力

 谷口光正氏は、1937(昭和12)年9月生まれ。愛知県瀬戸市出身。高校を卒業後、地元美容室に勤務しながら美容師免許を取得し、数々のコンテストで優勝するなど、ヘアデザイナーとしての才覚を開花させた。

 1963(昭和38)年10月年に独立し、東京・四谷に「谷口光正の美容室」1号店をオープン。同社スタッフの技術向上はもちろん、全国各地の講習会、研修会に招かれ、後進の指導育成に尽力する中で、店舗数も増加。1976(昭和51)年に法人成りを果たし「(有)ビューティ谷口(現・(株)谷口商事)」を設立。1980年には、東京・市ヶ谷に本社ビルを構え、教育拠点として「谷口ビューティカレッジ」を開講した。

 業界発展への貢献度も高く、1975(昭和50)年、日本デザイン協会(NHDK、現・美容協同組合日本ヘアデザイン協会)に入会。1982(昭和57)年より8年間、ニューヘアモード発表の責任者である創作設定プロジェクト委員長を務めた後、理事長を経て、現在は会長の職にあった。その他、インターコワフュール(ICD)、H.C.F(フランス高等美容芸受技術協会)など、国際交流団体でも要職を務めた。

 1994(平成6)年11月に東京都優秀技能者知事賞(東京マイスター)、1999(平成11)年11月に、卓越技能者賞(現代の名工)を受賞するなど、表彰の場に立つことも多く、2014年の平成16年度 春の褒章においては、黄綬褒章を受章。
 妻・谷口愛子氏も、アップスタイルの講習やヘアショーで、多くの同業者から高い支持を受けている。

 著書に「谷口光正のトータルテクニック(女性モード社刊、絶版)」がある。

独自の視点で技術者教育に注力
2024.05.02
share
OPK創立90周年記念「感謝の集い」

OPK創立90周年記念「感謝の集い」

 関西最大級かつ最古の美容団体である(一社)ビューティネットワークOPK(坪内能莉子会長・地倶清嗣理事長)は...

PEEK-A-BOOが全社的に美容技術にのめり込む社...

PEEK-A-BOOが全社的に美容技術にのめり込む社...

 都内に10店舗を展開するPEEK-A-BOO(川島文夫代表)は、年に一度開催している社内イベント「PEEK...

magazine

pagetop