主催/美容の価値を考える会(阿部恒之理事長)
日時/2018年12月11日(火)14:00
場所/美容会館(東京都渋谷区)

美容業の価値をさまざまな角度から検証する会の会員限定の講演会。2018年度の締めのイベントである今回は、「これからどうする?――消費者は美容室に何を求めているのか」とのテーマで、甲南女子大学准教授の米澤 泉氏、『kakimoto arms』会長の柿本榮三氏が講師として出演した。米澤氏は「女子と美容の未来」の演題で、1980年代以降の女性の志向の変化を10年スパンで解説し、今後、女性の消費志向は、健康、生活、環境などあらゆる面で意識が高まっていくとの予測を示した。柿本氏は「ビューティビジネスの現実とその先」の演題で、業界の課題である人材の確保、スタッフのモチベーション維持などについて持論を述べた。

▲講演後のパネルディスカッション(左から、美容の価値を考える会事務局の児玉勝彦氏、米澤 泉氏、柿本榮三氏)。
2018.12.11
share
ヘンケルコンシューマーブランドが中期戦略発表会で打ち...

ヘンケルコンシューマーブランドが中期戦略発表会で打ち...

 シュワルツコフプロフェッショナルと資生堂プロフェッショナルの両社の事業を展開するヘンケルグループ(ピーター...

「顧客の美意識を高め続けるサロンづくり」へ邁進、年間...

「顧客の美意識を高め続けるサロンづくり」へ邁進、年間...

 静岡に本社を構える美容ディーラーのミツイコーポレーション(株)(三井雄司代表取締役会長)は、2月13日(火...

magazine

pagetop