• トピックス

シェアサロンプラットフォーム「GO TODAY SHAiRE SALON」からFC事業制度が誕生

 国内最大級のシェアサロンプラットフォーム「GO TODAY SHAiRE SALON(ゴートゥデイシェアサロン)」を運営する(株)GO TODAY SHAiRE SALON(以下、GO TODAY社/大庭邦彦代表取締役)は、このほどフランチャイズ事業を開始し、加盟企業を7月14日より正式募集することを発表した。

集客支援や業務効率化できる専用アプリも提供、加盟企業のさらなる成長に貢献

 シェアサロンプラットフォーム「GO TODAY SHAiRE SALON」は、東京の原宿・表参道・渋谷・銀座エリアや大阪、名古屋、神戸、広島、福岡、札幌など全国主要都市に23店舗のシェアサロンを展開。現在400人以上のフリーランス美容師・ネイリスト・アイリストが所属する、美容業界最大級のプラットフォームとなっている。

 利用する各技術者は、顧客の予約が入った際に、サロンの設備を借りることができる仕組み。さらに、顧客や予約管理、資材発注がスマホ上で完結できるシステムや集客のためのノウハウも同社が提供しており、スムーズに各技術者の独立を支援する。

 このほど発表したフランチャイズ事業では、同プラットフォームに参画する美容室やネイルサロンなどの美容サロンを募集。加盟するサロンは、最新サロン経営手法のシェアサロンとして運営することが可能となる他、店舗運営や広告運用ノウハウの共有、顧客・予約管理システムの利用により、サロン運営の安定化と簡素化を図ることができる。

集客支援や業務効率化できる専用アプリも提供、加盟企業のさらなる成長に貢献
▲FC事業展開のビジュアルイメージ。
集客支援や業務効率化できる専用アプリも提供、加盟企業のさらなる成長に貢献
▲FC本部の手厚いフォローによりシェアサロンを運営。

FC加盟1号店「GO TODAY SHAiRE SALON 岡山店」は9月オープン

 9月にオープン予定のフランチャイズ加盟企業の第1号店「GO TODAY SHAiRE SALON 岡山店」は、正式募集前から多くの問い合わせ、オファーがあった中から、これまで未出店エリアで最適なパートナーと契約に至ったことで出店が決定。加盟オーナーは、美容サロンを複数店舗展開する老舗企業を経営しており、新たな事業展開としてGO TODAY社のシェアサロン展開に高い関心を示したという。

フランチャイズ事業展開の背景

 美容師やネイリスト、アイリストのキャリア形成は、大手サロンで正社員として長年勤務した後に独立開業を目指すのが一般的だった。しかし最近は、働き方改革の推進や業務のIT化、SNSを活用した集客手法などで、早い段階からフリーランスや個人事業主として独立したり、複数の美容サロンで勤務し経験を積むなど、働き方やキャリアプランが広がりを見せている。さらに、フリーランスになるためのノウハウのセミナー、スマホで予約や顧客管理ができるサービスなどの普及により、独立しやすい環境が整いつつある。

 一方、美容室やネイルサロンなどの美容サロンの経営は、独立志向の高まりから優秀な人材の社員採用や定着が困難となり、人手不足の傾向。さらに、外出自粛など新型コロナの影響で売り上げが減少し、新規集客に頼った主要都市にある美容サロンの廃業が急増している。そのため美容サロンにおける事業展開は、多店舗展開・社員を大量採用する方針から、コロナ禍や人手不足による経営難により、出店数を絞り、採算を重視する方針に変化している。

 GO TODAY社では、フランチャイズ事業を展開することで、経営の伸び悩みを感じているサロン経営者に新たな可能性を提案。既存の資産を活かした収益の多角化を実現すると共に、働き手である美容師などの働き方改革や多様なキャリア形成を促進することで、美容業界の発展への貢献を目指す。

フランチャイズ事業展開の背景
▲FCの契約から出店までの流れ。

(株)GO TODAY SHAiRE SALON 大庭邦彦代表取締役のコメント

「これまでの美容業界の働き方やキャリア制度には限界が来ています。雇用する側・雇用される側の両者にとってより良い仕組みを提供することで、美容業界の全てのプロフェッショナルが本来提供すべきである“お客様をキレイにカッコよくすること”に取り組めるのではないかと考え、今回の『GO TODAY SHAiRE SALON』プラットフォームのフランチャイズ提供を決意いたしました。今後も様々な付加価値を検討していきます」

シェアサロン フランチャイズ制度 概要

提供開始日/2021年7月14日
費用/加盟費用やロイヤルティなど。
申込方法/下記URLから申込後、出店可能エリアの場合のみ面談・審査を実施。原則、美容関係者のみ。
https://form.run/@applyfc

加盟企業のメリット
①店舗開発/運営
多数のシェアサロンを開発してきた実績からシェアサロンに適した物件や内装を提案。コミュニケーションマネージャーを中心とした約10名体制の本部サポートチームが、オープン前後のさまざまな運営をフォロー。
②スマホアプリの提供
予約から顧客管理、決済、売上までを一元管理できる、シェアサロン運営のスマホアプリ「SHAiRE(シェア)」が利用可能。利用者はスマホ一つで独立が可能。
③教育/コミュニティ提供
店舗運営の安定化を図るため、オペレーションを担当するコミュニケーションマネージャーの育成やノウハウ共有により、直営及び加盟企業の店舗間の交流を促進。
④マーケティング代行
本部マーケティングチームが加盟企業の求人広告運用を実施。Instagram広告や Google広告などを専門チームが運用し利用者の増加を目指す。

会社名/株式会社GO TODAY SHAiRE SALON
所在地/〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-14-34
代表者/代表取締役 大庭邦彦
設立日/2016年10月13日
資本金/1,103,250,000円(資本準備金含む)
URL:https://www.shairesalon-go.today/
事業内容/シェアサロンプラットフォーム『GO TODAY SHAiRE SALON』の運営

大庭邦彦代表取締役 略歴
2003年HOME'sを運営するネクスト(現LIFULL)に入社。2007年(株)美美美コム設立。ヘアサロン検索サイト「美美美コム」を国内業界第2位の規模まで拡大させた後、2014年に同社を楽天にバイアウト。2016年に(株)GO TODAY SHAiRE SALON。

2021.07.15
share
JABSが河野行改相に提言書を手交
美容師国家試験...

JABSが河野行改相に提言書を手交 美容師国家試験...

 ここのところ、理美容師国家試験の内容見直しに、政府の動きが活発化しており、テレビや新聞など一般メディアでも...

magazine

pagetop