• トピックス

HAIR MODE 2016年3月号 誌上コンテスト結果発表

若手ヘアデザイナーの育成とスキルアップを目指し、厳正な評価を行なっている同コンテスト。
1962年の幕開け以降、54年の歴史のなかで多くの著名スタイリストを輩出してきました。時代性があるか、テーマが反映されているか、シンプルに構成されているか、モデルに似合っているか――。これが、コンテストの趣旨となっています。自分の基礎力を見つめ直したい、力を試したいという方はぜひ挑戦してください。

課題

ソフトなジオメトリックショート

総評

1点のヘアデザインとしてバランスの良さにこだわって 今回は、想像よりもずっと攻めたヘアデザインが多く、見ごたえがありました。切り込ませてくれるモデルをよく見つけたな、と驚きもしました。ただ、テーマをしっかり反映しようとデザイン的な工夫を加えた作品が多いものの、必ずしもひとつのヘアデザインとして成立しているのかというと疑問が残りました。前髪にラインを残す、耳前の毛束に動きをつける……など、セクションごとに切り方や構成を考えていった結果、全体がうまく調和していない作品も見受けられました。フォトであっても、360度どこから見てもバランスが良いヘアデザインであることは大前提です。また、デザインの方向性がどうしても似てきています。もう少し作者のオリジナリティやバリエーションが見たかったです。既視感のあるバランスだったり、シンプルなデザインであればあるほど、圧倒的な完成度の高さが求められます。編集部としてはテクニックのレベルだけを見ているわけではなく、作者のオリジナリティや時代性を考慮して審査しています。デザインを考える上で、これまでにないスタイルとしての工夫やトレンド感も必要です。今月は、月間賞や佳作に輝いた作品が多く、参加者の全体的なレベル、意欲も非常に高い印象を受けました。ジオメトリックというテーマがカッター魂に火をつけたのか、1点1点が魂のこもった作品でした。 『HAIR MODE』編集長 小池入江

月間賞

新城輝昌 SHISEIDO(東京都港区) 琉球美容専修学校卒(美容歴12年)

月間賞
月間賞
編集長からのコメント:
ジオメトリック(=幾何学的な)の要素である、線の存在感は残しつつ、やわらかな印象に仕上げられていて、テーマをしっかり反映した作品になっています。全体的には動きの要素が強いスタイルでありながら、顔まわりという一番目立つところにラインを配し、さらにサイドから見たときにウエイトを明確に出している点が秀逸です。ジオメトリックのニュアンスを出すためにどこを主張したらよいか、細部まで考えられたデザインです。年間賞おめでとうございます。

佳作1位

福島雄一郎 grace(福岡県福岡市) 福岡南美容専門学校卒(美容歴14年)

佳作1位
佳作1位
編集長からのコメント:
カットのレベルが非常に高い作品です。耳まわりや衿足にシャープな束感を配することで、作品全体に軽さが出ています。定番のジオメトリックスタイルを、おしゃれに新しく見せようという作者の意欲が伝わってきました。フロントの軽さもよく計算されているのですが、フォルムのバランスやウエイト設定をブラッシュアップできるのではないかと思い、佳作1 位としました。

佳作2位

福池千鶴 SHISEIDO(東京都港区) 山野美容芸術短期大学卒(美容歴9年)

佳作2位
佳作2位
編集長からのコメント:
ブラントなラインが重なり、左右アシンメトリーで、右サイドはやわらかな毛流れが表現されているなど、非常に複雑な構成です。しかしモデルがフォトジェニックで、ヘアカラーによるやわらかな質感も加わり、作品として成立していないわけではない点に、作者の力量を感じました。ただ、それにしても要素が多い。もう少し整理しても良かったのではないでしょうか。

佳作3位

佳作3位
佳作3位
編集長からのコメント:
前髪や左サイドのウエイトラインに“線のニュアンス”を残し、ジオメトリック感が出ています。ここをなじませて切ると幾何学的に見えない。一方で、フロントのデザインは時代性に叶うか再考の余地ありです。また、ジオメトリックな要素を意識して探そうとしないと、普通のショートレイヤーという印象が強く、もう少しテーマ性を主張しても良かったのではないでしょうか。

佳作4位

坂本朋広 VISAGE(千葉県市川市) ハリウッド美容専門学校卒(美容歴11年)

佳作4位
佳作4位
編集長からのコメント:
短いレングスで挑んだ人が多い中、あえて長めに挑戦した意欲的な作品です。直線的なフロントや衿足と、丸みのあるシルエットの対比が美しい。ただ、肩上というレングス規定があったのと、ジオメトリックというにはやや弱い印象です。何ヵ所か毛先をブラントに切って、ジオメトリック感を出そうとしていますが、もう一歩テーマの盛り込みがほしかったです。
2016.03.01
share
Instagram投稿「第17回ホットヘアデザインフ...

Instagram投稿「第17回ホットヘアデザインフ...

 ヘアアイロンブランド「AIVIL(アイビル)」を展開する㈱トリコインダストリーズ(村島有治代表取締役社長)...

㈱トリコインダストリーズ主催、第1回 商品開発アイデ...

㈱トリコインダストリーズ主催、第1回 商品開発アイデ...

 これまでに数々の理美容雑貨および家電製品を生み出してきた㈱トリコインダストリーズは、創業50周年の記念事業...

magazine

pagetop