• 美容界ニュース

美容週間「くしの日」恒例のくし供養

 9月4日「くしの日」を軸に活動を展開する美容週間実行委員会(片桐直人2021年度実行委員長)の母体であるNPO法人美容週間振興協議会(瀧川裕史理事長)は、9月3日(金)10時より、くし塚が奉られる東京都目黒区の大鳥神社において、恒例の「くし供養(祈願祭・くし塚祭典)を執り行った。

 当日はまず、本殿にて瀧川理事長を筆頭に、片桐実行委員長、歴代実行委員長が玉串を二拝二拍手一拝で奉納。昨年と同様、新型コロナの感染拡大防止のため限定した人数でソーシャルディスタンスを保っての参拝を行った。

▲本殿での奉納の様子。

 例年はその後、本殿に並んで建立されている「くし塚」に全員が集って参拝する形式を取られているが、あいにくの雨天であったため、瀧川理事長と片桐実行委員長が代表し、やむを得ず傘をさした状態で供養を行い、他の参拝者は境内から見守った。

▲くし塚を参拝する瀧川裕史理事長(写真左奥)と片桐直人実行委員長(右奥)。

くし塚とは?
東京目黒の大鳥神社境内社殿の右側に建立された「櫛塚」は女性の生命であるといわれる髪の美しさが永遠であることを願い、髪をとかす櫛に感謝する為、昭和63年9月4日「くしの日」にちなみ、全国美容週間実行委員会により奉納された。以来、毎年祈願祭が斎行されている。

2021.09.06
share
「Zenkon Contest2022東京大会」

「Zenkon Contest2022東京大会」

 婚礼美容家の発掘と育成および和装文化と着付技術の伝承を担う職業訓練法人 全日本婚礼美容家協会(全婚、田中雅...

全美商連 近畿ブロック総会が2年ぶりに開催、菊池浩市...

全美商連 近畿ブロック総会が2年ぶりに開催、菊池浩市...

 全国美容用品商業協同組合連合会(以下、全美商連/菊池浩市理事長)・近畿ブロック(小西隆雄ブロック長)では、...

magazine

pagetop