• 美容界ニュース

ビューティガレージが美容サロン向けネットショップ構築サービス「Salon.EC」を2022年2月にスタート

 プロ向け美容商材通販最大手の㈱ビューティガレージ(野村秀輝CEO)は、2022年2月22日(火)より、美容サロン向けのネットショップ構築サービス「Salon.EC(サロンドットイーシー)」の提供をスタートすることを、このほど発表した。

会員に無償で提供を開始し、美容サロンのDXを支援

「Salon.EC(サロンドットイーシー)」は、美容室やエステサロンなどの美容サロンが“サロン専売品“等を販売する”サロン公式ネットショップ”を構築するためのSaaS型サービス。

 美容業界ならではの特別な配慮が必要な”サロン専売品“をインターネットで販売するためのサービスは、既に先行して複数社から提供されている中で、同社はいくつかの要因から普及に至っていないと分析。その要因に向き合うとともに、長年にわたる美容業界およびIT・物流のノウハウを生かしながらも、ユーザーのニーズに応えるサービスをゼロから設計。必要とされる機能を「Salon.EC」のシステムに落とし込んだ。
 同サービスにおいては、小さな美容サロンでも簡単に独自屋号の“サロン公式ネットショップ”を立ち上げられることを目指して開発したという。

 現在、すでに複数の美容サロンによる試験運用を開始しており、2022年2月22日(火)のサービス提供開始に向けて準備が進行中。また、2021年12月9日(木)より、サービスサイト(https://salon.ec)にて、特典付き事前申込受付を開始した。

【Salon.EC(サロンドットイーシー)の主な特長】

①コストゼロ・在庫リスクゼロでスタート可能
初期費用、月額費用、決済手数料、販売手数料がすべて無料。

②一般ユーザー向け販売と“サロン専売品”のクローズドな販売の両方に対応(オープン&クローズドの二段階方式)
1つのネットショップで“インターネット経由で来訪した一般ユーザー”と“サロンに来店したことのある会員”に、販売する商品群を分ける仕組みを採用。そのため、商品ごとに販売サイトを変えるなどの管理の手間もなくなり、売りたい人に売りたい商品を販売できる。

③同社取扱商品に加え、サロン在庫品も販売可能
ビューティガレージ取扱商品は同社が発送するため、発送の手間や配送料は不要。また、サロンオリジナルグッズやアパレル商品、他ディーラーから仕入れた商品等もサロン在庫品として販売できる。
*サロン在庫品の販売には販売代金の6%を取扱手数料(決済/販売)として店舗が負担。

 同サービスの運用について同社は「創業以来、美容業界のBtoB電子商取引(EC)のパイオニアとして業界のIT・デジタル化に取り組んできた同社が、これまでに培ってきた知見を結集した当サービスを顧客である美容サロンに無償で提供していくことで、美容業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推し進め、サロンの繁盛に貢献していきたい7」との意向を示している。

会員に無償で提供を開始し、美容サロンのDXを支援

「Salon.EC(サロンドットイーシー)」概要
サービス提供開始日/2022年2月22日(火)
※2021年12月9日(木)より、サービスサイト(https://salon.ec)にて、特典付きの事前申込受付を開始。事前申込特典として、ネットショップ開設までの構築代行サポートを無償(通常は有償)で提供。
サービスサイトURL/ https://salon.ec
利用者/ビューティガレージ会員登録サロン
利用料/初期費用無料、月額費用無料、決済手数料無料、BG在庫商品の販売手数料無料
*BG在庫品以外の販売には、販売代金の6%が取扱手数料(決済/販売)がかかる。

2021.12.10
share
これはけっこう楽しいかもしれない、VRによるヘアカラ...

これはけっこう楽しいかもしれない、VRによるヘアカラ...

 デジタルによるヘアスタイルやヘアカラーのシミュレーションの技術は日進月歩で精度を高めており、実際に体験して...

美容室併設のネイル事業を、技術面・経営面で手厚くサポ...

美容室併設のネイル事業を、技術面・経営面で手厚くサポ...

 美容業を軸にライフスタイルをデザインするブランシェグループ傘下の㈱ビーファースト(鈴木貴之社長)は、 美容...

magazine

pagetop