• 美容界ニュース

JHCAが2022年も動画コンテスト出場チームを募集

 NPO法人日本ヘアカラー協会(JHCA、江波戸大介2021年度委員長)は、年度の節目に開催しているヘアカラーコンテストを2021年と同様、動画コンテストの形式で行うことを決定。1月4日(火)よりエントリーの受付を開始した。

「Super Digital Live Contest 2022」PR動画の配信もスタート

 2021年、JHCAはコロナ禍の対応として、恒例のコンテストを動画での応募形式で「Super Digital Live Contest 2021」を開催。作品ごとの細かなプロセスがじっくり見られ、創作者の意図が伝わると、ジャッジをしたプロ審査員からも高い評価を得ていた。

 感染症について予断を許さない状況にある2022年も引き続き、「Super Digital Live Contest 2022」と銘打ってヘアカラー施術動画を募集。1月5日(水)には、PR動画の配信もスタートした(下の画像をクリック)。


「Super Digital Live Contest 2022」開催概要

テーマ/COLOR on ME!!(カラー・オン・ミー)
エントリー方法/60秒間の動画を作成し、公式サイトよりエントリー
エントリーフィー/5,500円(税込)
※ダブルエントリーは不可、但し一部門内での複数エントリーは可(一作品ごとにエントリー料が発生)。
エントリー期間/開始日:2022年1月4日(火)正午~期限日:2022年3月21日(月)23:59:59 厳守

ファイナルイベント

日時/2022年4月19日(火)12:00~16:30
会場/WITH HARAJUKU HALL
   YouTube LIVEにて配信
※当日夜よりアーカイブ公開予定
審査員/JHCA トップ ヘアカラリスト・ヘアスタイリスト

《コンテスト部門》

▼Challenge(チャレンジ)部門
若くて挑戦的な人たちのChallengeヘアカラー
▼Sophisticate(ソフィスティケイト)部門
洗練された大人世代の人たちのSophisticateヘアカラー
▼Mellow(メロー)部門
円熟された年代の人たちのMellowヘアカラー

《アワード》
エントリー者の投稿動画の中からファイナリストを選出
「チャレンジ部門」上位10チーム
「ソフィストケイト部門」上位6チーム
「メロー部門」上位4チーム
※変更になる可能性あり。

各チーム3名 (カラリスト、モデル、スタイリスト )がファイナルイベント(決勝大会)出場。ファイナルイベントでの決勝戦において、部門ごとに「ゴールデングランプリ」「シルバーグランプリ」「ブロンズグランプリ」の3賞および優秀賞(各部門上位数名)を選出。

《エントリー動画構成》

トータル映像:60秒
①Before映像:5秒
②施術プロセス映像:35秒
③After映像:20秒
※記載の時間配分は目安。あくまでもヘアカラーデザインを競うもので、動画のクオリティーは審査に加味されないため、過度な加工編集は不要。その他、注意事項は公式サイトに記載。

2022.01.05
share
【FIOLE×森戸俊樹】失敗しないブリーチワークを実...

【FIOLE×森戸俊樹】失敗しないブリーチワークを実...

色がきれいに抜けない、ダメージにつながったなどの苦い経験がある人も多いのが、ブリーチ。オンカラーでは思い通り...

フルリニューアル『カラーストーリー プライム』で白髪...

フルリニューアル『カラーストーリー プライム』で白髪...

 ヘアカラーブランド「カラーストーリー i プライム」が、グレイカラーの表現力をさらに高める『カラーストーリ...

magazine

pagetop