• 美容界ニュース

㈱資生堂がヘンケル社へのプロフェッショナル事業譲渡を発表

 大手化粧品メーカーの㈱資生堂(魚谷雅彦代表取締役 社長CEO)は、「SHISEIDO PROFESSIONAL」などヘアサロン向け業務用を中心とした商材を展開するプロフェッショナル事業を、ドイツ・デュッセルドルフに本社を置くHenkel AG & Co. KGaA (以下、ヘンケル社、カーステン・クノーベルCEO)への譲渡決定を、2月9日付のニュースリリースで発表した。

 同社の発表によると、対象事業の全体を包括する事業ブランド「SHISEIDO PROFESSIONAL」は、ヘンケル社へ商標権の使用をライセンスする形が取られる。一方、傘下の製品ブランドである「SUBLIMIC(サブリミック)」「PRIMIENCE(プリミエンス)」「CRYSTALLIZING(クリスタライジング)」などを含めたヘアを中心としたブランドは完全に譲渡される。

 また、日本国内での関連資産を承継する資生堂プロフェッショナル㈱の株式20%を引き続き保有し、対象事業の成長をサポートしていくという。

 ヘンケル社は、ヘアサロンおよびコンシューマー向けヘア領域に強みを持つビューティーケア事業をグローバルに展開。日本・アジアを中心として確立されたブランドを持つ同社のプロフェッショナル事業が、欧米でのヘア領域の事業で豊富な実績を有するヘンケル社グループと一体化することで、グローバルレベルの投資機会と事業体制を備えることが可能になるとのシナジーが期待されている。

 具体的な譲渡の手順としては、2022年上期中に、会社分割により、資生堂が日本国内で保有する対象事業の関連資産を資生堂プロフェッショナル㈱に承継させた後、その株式の80%をヘンケル社の子会社に譲渡。同時に海外における対象事業の子会社株式および関連資産も、ヘンケル社グループ会社に譲渡される。

※譲渡対象の主なブランド
「SUBLIMIC」(ヘアケア剤)
「PRIMIENCE」(カラー剤)
「CRYSTALLIZING」(パーマ剤)
「STAGE WORKS」(スタイリング剤)
「THE GROOMING」(メンズ)

2022.02.09
share
ヘアサロンにもサステナブルを。ヘアケアブランド「ヘア...

ヘアサロンにもサステナブルを。ヘアケアブランド「ヘア...

2015年の国連サミットで採択されて以来、世界的に注目されている「SDGs(持続可能な開発目標)」。ヘアサロ...

柔らかさと彩度の両立で艶色をかなえる『クリエイティブ...

柔らかさと彩度の両立で艶色をかなえる『クリエイティブ...

『クリエイティブフェリネオ フローム ベールデザイン』は、柔らかさと彩度を両立したニュートラルカラー。1本(...

magazine

pagetop