• 美容界ニュース

今年の秋は薬剤の見直しから、「ヘアモード」11月号でパーマ偏差値を高めよう

 今年6月、日本パーマネントウェーブ液工業組合(田尾大介理事長)の総会で、2021年のパーマ出荷量・額に下げ止まりの兆候が見られるとの発表あった。実際パーマスタイルの注目度が高まっている様子も窺え、2022年の数字も期待できそう。
 パーマ比率が、ヘアカラーと二分するほどの高い数で安定させるための強化点とはどこか?

薬液知識をさらに蓄えて、パーマ比率よ舞いあがれ!

 第1特集のタイトルは「pHだけに惑わされない! 他店と差がつくパーマ薬剤知識」。お客さまの「パーマをかけたい」というニーズに応えるには、パーマのデザインはもちろんのこと、パーマ薬剤の進化や、ブリーチ施術の需要の高まりによる毛髪の履歴の複雑化に合わせて、美容師が備えるべき知識をアップデートさせていくことが必須であるという提案だ。

 冒頭、「パーマ脳を鍛える薬液知識“超”入門では、事情に詳しい(株)イングラボ代表・中谷靖章氏が、還元剤の種類やpHの違いによるパーマがかかるメカニズムを徹底解説。少々お堅い内容ではあるのだが、還元剤成分を謎かわいいキャラクターとして表現した図説が愛らしく、内容がすっと脳に作用する仕掛けとなっている。

薬液知識をさらに蓄えて、パーマ比率よ舞いあがれ!
薬液知識をさらに蓄えて、パーマ比率よ舞いあがれ!
▲“超”入門編では薬液主成分をキャラクター化して分かりすく解説。

 技術&ヘアデザインのコーナーでは、薬液マスターの呼び声高い、河原木佑弥[DaB]、宿利省吾[Cura]、黒須光雄[utuwa]の3氏が、毛髪状態に応じたデザインアプローチの基礎的な考え方を伝授した上で、「こんなパーマをかけてみたい」と感じさせる旬なパーマスタイルを披露している。
 一方で、施術中に起こりがちなトラブル事例を挙げた上で、そこからの対処法も示されており、パーマを提案における信頼度を高めるために、備えておくべき知識と言えるだろう。

▲頼りがいのある「薬液マスター」がパーマ提案のポイントを伝授。
▲DaB 河原木氏が整理した、髪の状態による「薬剤選定チャート」。
▲もちろん各氏によるヘアスタイルも特集の注目どころ(写真は河原木氏のヘアデザイン)。
▲施術中に起こりやすいトラブル事例をピックアップし、その対応策を惜しげもなく公開。

 後半のスポンサーページを含め、情報の吸収によって貴店のパーマ偏差値がさらに高まりそうだ。

 さて、PEEK-A-BOOの山本真資講師を迎えた第2特集「1台のウイッグ、とことん使い倒し」[後編]も見逃したらもったいない。タイトルの通りの内容であるが、単純に物価高騰への対応から、モデルウイッグを有効に使うという意図ともう一つ、環境への配慮からも、廃棄モデルウイッグの数を減らしながら、美容師としてのレベルも高めていこうという提案だ。

▲10月号(前編)では、4種のカットスタイルを切り終わったところで終了。
▲最終的にはこの長さまで、3種のヘアスタイル。トレーニング目的と割り切れば、7回分を1つのモデルウイッグで賄える。

 前編では1台のウイッグで4つのスタイルをトレーニング。そして後編ではさらに、「横スライスで切るマッシュショート」「横スライスで切るショートスタイル」「セイムレイヤーを使ったベリーショート」と、それぞれの短さでカットテクニックを磨いていくことができることを証明する。

 美容技術の奥深さを「ヘアモード」11月号でご堪能を。



月刊「ヘアモード」2022年11月号 No.752
A4判変型 雑誌+電子版 2,090円(本体1,900円)
電子版 特別価格(40%OFF 1,254円(本体1,140円


▼ご購入はこちらから
JOSEI MODE公式サイト
amazon.co.jp
Rakuten 楽天市場

 

2022.10.03
share
ヘアアイロンでの表現力を競う「第19回ホットヘアデザ...

ヘアアイロンでの表現力を競う「第19回ホットヘアデザ...

 (株)トリコインダストリーズ(村島有治代表取締役社長)主催によるヘアアイロンでの想像力を競うヘアスタイルフ...

ヘアケアメニューに厚みを持たせる「ヘアモード」新年号...

ヘアケアメニューに厚みを持たせる「ヘアモード」新年号...

 12月1日発売の月刊「ヘアモード」2024年新年号は、毎年恒例、特別定価の2冊セットでお届け。別冊付録『H...

magazine

pagetop