• 美容界ニュース

全美商連・菊池浩市理事長が年頭所感を発信

新年あけあましておめでとうございます。
 日頃より全国美容用品商業協同組合連合会の会員の皆様、並びに業界関係各位の方々には、全美商連の運営に関しまして、多大なるご理解ご協力を賜り、心より感謝申し上げます。本年も素晴らしい年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

新しい価値の見直しを図る提案に注力した取り組みを

全国美容用品商業協同組合連合会 理事長
菊地 浩市

 さて昨年度「第9回アジアビューティエキスポ」が、コロナ禍にもかかわらず2日間で3万人を超える美容関係の方々にご来場いただき、成功裡に終了することが出来ました。コロナ禍以降、初めての美容業界のビッグイベントになり、文字通り今回のテーマ「HOW ARE YOU?(元気だった?)」があちらこちらで飛び交い、顔もほころび元気な美容業界が戻ってきたきっかけとなりました。

 これもひとえに全美商連の会員の皆様のご協力があってこその成功と改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

▲「第9回 アジアビューティエキスポ」開会セレモニーの模様。

 また、年末のには恒例の「ビューティユニティフェスティバル」が執り行われ、早々のうちにセットが完売し、サロンでのイベントに定着されつつあるようです。
 全美商連の活動の最後の1つの「USENの連携」は年間の取り組みを月間100商材で契約の見直しを図りましたが、こちらは思うように進んおらず、もっと積極的な活動の推進を望むところです。

 さて、昨年のロシアによるウクライナの侵攻により世界中の燃料・資源の高騰、またコロナ禍によって停滞した経済活動活動が動きだし世界全体の物価が上昇しました。
 2023年度にここ数年の日本は物価が上昇しない「デフレ」から物価が上昇する「インフレ」に向き合っていく必要がありそうです。そのためには、収入を増やしたり節約を行ったりすることが大切と思われます。

 特に収入を増やすには、その価格に見合った価値の提案が必要です。
 2023年度は新しい価値の提案の見直しを図る絶好のタイミングに来ています。

 私たちの使命は、美容業界の活性化のお手伝いをすることと考えます。
 今年度は、新しい価値の提案の見直し図る新たな取り組みで、サロン・ディーラー・メーカーが三位一体となり、共に業界の発展のために邁進していくことが大切だと思いますので、今年度もご支援ご協力を賜りたく宜しくお願い申し上げます。

 

2023.01.12
share
デジタルサロン協会
2024年度活動報告&計画発表...

デジタルサロン協会 2024年度活動報告&計画発表...

 (一社)デジタルサロン協会は、5月9日(木)午後3時より、東京都港区のハリウッドホールにおいて、2024年...

STEP BONE CUT ASSOCIATION ...

STEP BONE CUT ASSOCIATION ...

 (一社)ステップボーンカット協会(SAYURI=牛尾早百合理事長)は、4月8日(月)13時より、兵庫県神戸...

magazine

pagetop