• 美容界ニュース

「シュワルツコフプロフェッショナル」「資生堂プロフェッショナル」を展開するヘンケルグループが中期戦略を発表

 シュワルツコフプロフェッショナルと資生堂プロフェッショナルの両社の事業を展開するヘンケルグループ(ピーター・リグビー代表)は、2月16日(金)16時15分より、東京都港区のコンラッド東京にて「中期戦略発表会」を開催した。

“本格始動”がはじまる

 シュワルツコフプロフェッショナルを展開するヘンケルグループが、資生堂プロフェッショナルを迎えた2022年から1年半。代理店とジャーナルを招き、今後の方向性についての発表会を開催した。

 コンシューマーブランド代表 兼 シュワルツコフ プロフェッショナル・資生堂プロフェッショナル日本事業代表のピーター・リグビー氏は、中期戦略として①シナジーを通じた代理店・サロンへの貢献、②共育・情報発信を通じたサロンの売上拡大のサポート、③注力ブランドに集中した売上拡大、の3点を提示。加えて、中期目標として①5年平均での2桁成長、②10%の市場シェア獲得、③業界のリーディングカンパニーとなる、の3つを挙げた。

 また、マーケティング本部ヘンケルコンシューマーブランド プロフェッショナル事業本部の井原和之本部長は、教育分野や研究分野における2社の“融合”を通してシェア拡大を目指していくと強調した。

 注力ブランドとして挙げたのは、シュワルツコフプロフェッショナルの「FIBREPLEX」「terra by ESSENSITY」、資生堂プロフェッショナルの「SUBLIMIC」「ULTIST by PRIMIENCE」の4ブランド。酸化染毛剤市場、ブリーチ市場、プレミアムヘアケア市場でのシェア拡大を目指すための施策として、アカデミーの開催や、SNS等を活用したデジタルエデュケーションなどを予定している。

 6月21日には、2社の研究分野の融合によって開発された「FIBREPLEX bond care」を発売する。資生堂プロフェッショナルの強みとするヘアケア開発の知見と、FIBREPLEXの毛髪保護・強化テクノロジーが融合された商品となる。
 さらに8月には髪密度に着目した「PRIMIENCE」の新商品を予定していることも発表した。

“本格始動”がはじまる
▲中期戦略について発表するピーター・リグビー代表
“本格始動”がはじまる
▲中期戦略の詳細を説明する井原和之本部長
2024.02.29
share
ヘンケルジャパン(株)コンシューマーブランド代表にロ...

ヘンケルジャパン(株)コンシューマーブランド代表にロ...

 ヘンケルジャパン(株)では、シュワルツコフ プロフェッショナル事業や資生堂プロフェッショナル(株)などのプ...

2025年大阪・関西万博開幕400日直前、TB-SQ...

2025年大阪・関西万博開幕400日直前、TB-SQ...

 タカラベルモント(株)(吉川秀隆代表取締役会長兼社長)は、「国際女性デー」前日の3月7日(木)、大阪府大阪...

magazine

pagetop