主催/日本パーマネントウェーブ液工業組合(田尾大介理事長)
日時/2018年6月14日(木)13:40
場所/ハイアットリージェンシー東京27F エクセレンス(東京都新宿区)

田尾理事長が挨拶に立ち、「『打消し表示』に始まり、広告に関するさまざまなことが規制されている昨今。広告の表現の仕方について、社内でももう一度勉強しなおしている」と現状を述べた。さらに、今のパーマ市場について、「出荷データを見ると、昨年度も10パーセント程度、市場が縮小している。歯止めをかけるべく、『パーマの未来を拓く会』と協力しながら消費者アンケートを進めてきた」と、現在の取り組みにとともに説明した。議事に入り、昨年度の事業報告や決算報告、本年度の事業計画案や予算案、役員改選についてなどが審議・可決された。その後、(株)はとバス元会長・宮端清次氏の講演を経て、28Fスカイルームに会場を移し、懇親会が催された。

▲あいさつに立った田尾理事長。
2018.06.14
share
既存3タイプと併せて色もちと色み表現をカバー『N. ...

既存3タイプと併せて色もちと色み表現をカバー『N. ...

 自然由来の恵みを存分に受けた頭髪化粧品ブランド「N.(エヌドット)」より、『N. カラーシャンプー&トリー...

「アジアンカラー」の広がるペールトーン表現に、ブリー...

「アジアンカラー」の広がるペールトーン表現に、ブリー...

 鮮やかな発色で色表現の可能性を広げる「アジアンカラー FES(フェス)」コントロールシリーズに、ペールトー...

magazine

pagetop