• トピックス

中野製薬㈱ 全事業所の椅子を バランスボールに変更

全事業所の椅子を
バランスボールに変更

 中野製薬㈱(中野耕太郎社長)は、4月から全事業所で使用する椅子を通常のものから「バランスボール」に変更した。かねてより同社は、禁煙活動など社員の健康増進に関して積極的な取り組みを行なってきたが、その健康増進活動の一環として、このたびの導入となった。 バランスボールは、多くは塩化ビニル樹脂を素材にした重い荷重にも耐えられるボールで、おもにエクササイズで用いられる。背もたれがないために自然と姿勢が良くなり、腹筋や背筋を使用するので筋力アップにつながり、バランス感覚のトレーニングにもなる。また、時々ボール上で上体をバウンドさせ、腕や肩を上下に動かすことで全身をリラックスさせることもできる。同社は、社員が健康であってはじめて最高の製品やサービスを提供できるという趣旨に則り、今後も積極的に社員の健康増進活動に取り組みたいという。

実際のオフィスの様子
2012.04.01
share
「顧客の美意識を高め続けるサロンづくり」へ邁進、年間...

「顧客の美意識を高め続けるサロンづくり」へ邁進、年間...

 静岡に本社を構える美容ディーラーのミツイコーポレーション(株)(三井雄司代表取締役会長)は、2月13日(火...

「髪色自由化プロジェクト」が発足

「髪色自由化プロジェクト」が発足

 ロレアル プロフェッショナル(岸中昭人プロフェッショナルプロダクト事業本部長)は、働くすべての人が企業ブラ...

magazine

pagetop