• トピックス

働く52%がブランクから復帰した『休眠美容師』 「美容室業界のサステナビリティ」に取り組んだチョキペタが10周年

 300店舗超の美容室チェーンを展開する(株)アルテ サロン ホールディングスの傘下にある(株)C&P(いずれも吉村栄義代表取締役社長)が、「美容室チョキペタ」をオープンしてからこの7月で10周年。“ヘアメンテナンス”という新市場を開拓し、美容師の働き方改革にも取り組んで確立してきたビジネスモデルを 今後はFC化や全国展開も視野に入れ、店舗数100店舗、売上30億円達成のビジョンに掲げ、事業拡大を目指すという。

▲「チョキペタ」1号店の堀切菖蒲園店

10年間で300人以上の「休眠美容師」を採用

「チョキペタ」は、2011年7月12日に第1号店として堀切菖蒲園店をオープン。首都圏と一部関西に出店を進め、現在店舗数は66店舗(2021年5月末時点)を数える。伸びた分だけカットやカラーをして、 いつものキレイな状態をキープするという「ヘアメンテナンス」のサービスメニューに特化することで、予約不要・手頃な料金・短時間での施術を可能にし、頻繁に通いやすいこともあいまって、40代以上の女性を中心に顧客からの支持を得ている。

 そして、同サロンがオープン当初から続けてきたのが『休眠美容師』の復帰支援だ。結婚や育児などのタイミングで現場から離れてしまった美容師を、再び現場で働くことができるよう教育し雇用できるよう環境を整備。美容業界の課題である人材不足を解消しながら店舗数を拡大してきた。過去10年間で採用した休眠美容師の数は300人以を超え、現在はチョキペタで働く美容師の過半数を占める。

10年間で300人以上の「休眠美容師」を採用<br />

美容室業界のサステナビリティに挑む

 アルテ サロン ホールディングスは、美容室業界のリーディングカンパニーとして、生涯美容師の実現を目指し技術習得意欲の高い美容師のさまざまな希望に応える環境づくり注力する。 出産や育児、介護等でたとえ何十年のブランクがあったとしても、不安を抱えることなく再び美容師として復帰できるよう、「チョキペタ」の事業を通じて教育制度や雇用制度を整備してた。

 美容師のライフプランに応えるための場は「チョキペタ」のみならず、 トータルアイビューティサロン「ダイアモンドアイズ」も展開するなど、多様な業態で展開。 一連の取り組みはSDGsの“ジェンダー平等の実現”や“働きがいも経済成長も”といった目標達成へと結びつけていく。

コロナ禍で動画教育が加速

 休眠美容師の復帰をさらに促進させたのは、動画を中心とした教育ツールの充実も要因となっている。同社では、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、動画教育の構築が加速。2020年の最初の緊急事態宣言時にほとんどの店舗を休業したため、休業明けから実行する感染対策を徹底した新たな店舗オペレーションを全店に一斉に落とし込むため、動画マニュアルを活用して営業再開に備えました。

 以降、動画での情報伝達の有効性から、一斉に実施する施策や本部からの情報共有は動画中心に移行した。もともと店舗拡大の効率化のため動画マニュアルの活用実績はあったが、コロナ禍をきっかけに動画による情報共有が日常化し、動画共有による社内コミュニケーションのプラットフォームとして「 ClipLine(クリップライン)」が確立した。 2020年から2021年にかけての1年間で動画本数は約470本から850本と2倍に増加したという。

コロナ禍で動画教育が加速

休眠美容師の復帰サポート体制

 働く美容師の約半数が元・休眠美容師という「チョキペタ」では、ブランクがある美容師が現場に復帰しやすいよう、以下のような体制を構築している。

1.「メンテナンス」に特化し技術的ハードルを下げる
施術メニューをカットとカラーに絞り、流行の移り変わりに左右されないベーシックな技術で対応可能な髪の「メンテナンス」に特化。 技術的なハードルを下げることで、ブランクがあっても一定のトレーニングを経ることで復帰しやすい環境を整えている。

2.パート社員が8割、シフト制でライフスタイルに合わせた勤務が可能
週1日、3時間~など、ライフスタイルに合わせた働き方を実現。美容室が混雑しやすい土日に働くことができない人でも、平日のみの勤務が可能。

3.ブランク40年の社員も在籍、年齢制限なし
美容師全体の平均年齢が31歳であるのに対し、チョキペタで働く美容師の平均年齢は47歳。長く美容師の職を離れて別の仕事をしていた人でも、美容師免許を持っていれば何歳からでも、もう一度美容師として働くことができる。

4.技術講習でスキルアップをサポート
カットができず、カラーリスト(カラーなら施術ができる人)として入社した場合でも、本社が開催するカット講習で技術を学び一人前のスタイリストとしてデビューすることが可能。チョキペタでカット技術を一から学び、 一人前のスタイリストになった従業員も多く在籍。

5:動画教育で効率的な学習環境
ClipLine(株)(高橋勇人/代表取締役社長)が提供する動画型マネジメントシステムの「ClipLine(クリップライン)」を活用し、技術や店舗オペレーションなどが全て動画で学べる。特に、新入社員の研修では、入社前に事前に店舗の情報を動画で共有しておくことで入社時の不安を解消し、早期の戦力化に成功している。
▲新人オリエンテーションの様子。
▲カット講習の模様。

元・休眠美容師 社員のコメント

「アルバイトを探していたところ『チョキペタ』の募集を見つけ、かなり昔に取得した美容師免許が生かせるかもしれないと思いました。一度でも美容室で働いた経験があるからこそ、40年のブランクからの復帰は高いハードルに感じましたが、年齢制限なし、ブランクOK、カットの講習が無料、というところから、自分でもできるかもしれないと勇気を出して応募しました。

 実際に働いてみると、自分と同じようにブランクから復帰した人たちや、仕事と家庭とのバランスをとりながら働いている人が多く、お互いの境遇を理解し協力し合いながら働くことができています。カットの技術も、以前働いていた美容室で習得する前に辞めてしまったので、60代で初めて挑戦しました。テストで合格をもらえたスタイルからお客さまに入れるのですが、初めて実際のお客さまを担当した時はとても緊張しました。でも今では自分の技術でお客さまに喜んでいただく、という美容師の仕事の楽しさを実感しながら働いています」

元・休眠美容師 社員のコメント
▲パート勤務 入社3年60代女性(美容師のブランク40年)。

(株)アルテサロンホールディングス
(株)C&P 吉村栄義社長のコメント

(株)アルテサロンホールディングス<br />
(株)C&P 吉村栄義社長のコメント
「これまでの10年間は“ヘアメンテナンス”というサービスの形と、休眠美容師の再雇用のシステムをつくり上げてきた10年でした。スーパーの一角といった生活動線に出店し、地域のお客さまの生活に寄り添い、便利な美容サービスを提供することで美容を身近に感じていただきながら、多くのお客さまにご利用いただくことができました。

 これからの10年は、『チョキペタ』の優秀なビジネスモデルを活用し、企業として強い組織を作り上げていく10年になります。そのためにはまず、関東・関西合わせて100店舗、美容師の数も現在の倍、そして売上30億円の達成をビジョンに掲げ、事業の成長を目指します。

 まずはどんなことが起きても簡単には揺らがない盤石な組織をつくることを第一にし、そしてつくり上げた強い組織で、FC化を視野に入れ、さらなる拡大を目指すのがその次の10年となります。関東・関西だけに限らず、全国の地域に拡大していくことも考えられます。
 また、ハード面の強化も同時に進めており、ビジネスとして大きく展開していくために必要な準備を多方面で進めています。新たな10年に向けてのいいスタートは、既に切っています」
(株)アルテサロンホールディングス<br />
(株)C&P 吉村栄義社長のコメント
▲スーパー内の一角に出展された店舗。

(株)アルテ サロン ホールディングス概要

本社/神奈川県横浜市中区
創業会長/吉原直樹
代表取締役社長/吉村栄義
設立/1988年11月21日
資本金/4億9,800万円
事業内容:美容室チェーン等を展開する持株会社
URL/arte-hd.com/

■グループ会社■
(株)アッシュ
(株)ニューヨーク・ニューヨーク
(株)スタイルデザイナー
(株)C&P
(株)ダイヤモンドアイズ
(株)東京美髪芸術学院
2021.07.16
share
デザイン力・設計力・提案力を競うデザインコンペ「TW...

デザイン力・設計力・提案力を競うデザインコンペ「TW...

 理美容および医療の総合メーカーであるタカラベルモント(株)(吉川秀隆会長兼社長)をはじめとするタカラベルモ...

自宅にいながら最新アートを堪能「タキガワ ネイルビュ...

自宅にいながら最新アートを堪能「タキガワ ネイルビュ...

 理美容・エステティック・ネイル用品の総合商社である滝川(株)(滝川睦子代表取締役)は、タキガワネイルストア...

magazine

pagetop