• ヘアスタイル

【連載】私の毒を吸うとくれ vol.1/石原かおり

美容室にまつわるあれやこれ。40代♀がお客目線で本音を暴露。

illustration_Tomomi Kazumoto

別件とはなんぞ?

私はコンプレックスの塊で、程よく偏見を持つ中年女である。年を取ってからなのか、元々の性質なのか、起きた事象に対して分析しては、悲しい解釈をすることもある。 私は月に1回ペースぐらいで東京へ行く。そのタイミングに合わせて気になっていたり、行きたいと思っている美容室の予約を入れる。絶対にそこに行きたいので出張の日程が決まるとまず美容室の予約を入れるくらいだ。今回も1ヵ月近く前に入れた予約だった。 私は美容室へ行くのが大好きだ。趣味と言ってもいいかもしれない。そして、美容師さんが大好きだ。なにせカッコイイ。練習を重ねて技術者となり、移り変わるトレンドやデザインを研究し、センスを磨いてお客に向かう。頭の中でデザインと技術を計算しながらにこやかに客と会話をする。 難しい暗号のようなカラー指示を出すとき、鏡越しにデザインをチェックする姿、シザーズケースを携えたたたずまい、外見も見えない部分も、どこをとってもカッコイイのである。 そして、表舞台(サロン)のカッコよさだけでなく、私の仕事柄、勉強会や練習など裏の姿を見ているからこそ、よりそのカッコよさが増しているんだと思う。 と言うわけで、自分のヘアスタイルが変わる、気持ちがいい、以外の楽しみもプラスされているので、もはや美容室は私にとって、厳しい現世を生き抜くために必要不可欠な癒やしとトキメキを与えてくれる場所。月に1度の美容室体験をそれはそれは楽しみにしている。 先日、ショックでほうれい線が深くなるような思いをした。予約の前日、何度も知らない番号からの着信があった。いたずらにしてはしつこいので、頼んだ通販か何かのお店からの連絡かと思い、折り返してみた。 「美容室○○です。明日のご予約、別件が入りまして日程を変更させていただけませんでしょうか?」 (!!ええー!!明日の予約のことを今言うのー?) とも思ったがいや、そこじゃない。「別件」って? 1ヵ月前からの予約をぶっちぎるまでの別件って? 予約サイトから予約したのでメッセージボックスも確認してみた。送られていた文章も明らかにおかしい。何がおかしいかというと、 「明日のご予約の確認で連絡いたしました」 とだけ書かれていたのである。ちなみにその後に予約の変更があった場合の注意を促す文章が入っていて、※印までして、予約変更に関する自社のルールが書き連ねてある。お客側のルールにはこんなにこうるさくて、自分側はノールールなのか?とまた私のほうれい線が何ミリか深くなったように感じた。 (ここからは妄想↓) 有名店だから芸能人の撮影とか入っちゃったかな? 芸能人が 「私この日じゃないとー」とか言って 「もちろん! なんとかちゃんのためなら調整するよ!」なんて受けちゃった? 「どーせ広島からの新規だからリピートしないし、いっか」とか。 そして、レセプションの子に、 レセプション「どう言って断りましょうか」 スタイリスト「別件とかでいいんじゃない?」 だったんか??って(あくまで想像)そして挙句の定例文挿入メール。 すごく悲しい気持ちになった。せめて、バレないウソをついてほしかった。 「体調不良で休んでいる」とか、「親族の不幸があった」とか。のっぴきならないやつ。 「あー、それなら仕方ないね」ってやつで。全てに思いやりがなさすぎじゃろ。 以前から行ってみたいと思っており、行く前まで、いい印象しかなかったのでとてもがっかりした。たぶん、もう予約を入れることはないと思う。短絡的かつ短気な思考かもしれないが、仕方ない。それが私なのだ。 確かにあちこち行ってみたいからリピートしないことの方が多いかもしれない。けれど、私は仕事で行っているのではない、1人のお客として行っている。だから、この人にまたやってもらいたい!と思えばリピートもする。 広島から県外の美容室を予約する際、いつも気にすることがある。 「わ、リピートしない新規だ」 「一生懸命やってもどうせこっちに住んでないんだから」 って思われないようにしなきゃ、という気苦労。 「東京へはどれくらいの頻度でいらっしゃるんですか?」なんて聞かれた日には 「結構、頻繁に! 月に一回は!」と若干声を大きめに、聞こえやすいように言ったりすることも。 考えすぎかもしれないが、意外とお客は気を遣っていて、嫌われないように振る舞うもののような気がしている。ある程度、年を取った女というものは若い子からしたら緊張する存在かもしれない。気を遣う、やっかいな存在なのかもしれない。 けれど、年齢関係なく、若い子もそうであるように、ひとくくりにはできないのである。人それぞれであり、「そんな人もいるよね」なのである。 何が言いたかったかというと、相手が大人だろうがそうでなかろうが、相手の立場に立って行動すればそうそう間違えないということ。思いやりだって伝わるっちゅーこと。

※本記事は、『美容の経営プラン』2017年12月号にて掲載した記事を転載したものです。

2018.04.11
石原かおり
石原かおり

いしはら・かおり/(株)ハッピーリレイションズ代表。(株)リクルートにて美容室への提案営業を行ない、新規開拓のほか、毎月100サロン以上を担当。情報誌編集長兼ゼネラルマネージャー等を経て、2010年に独立。広島県を拠点に、美容室に特化したオーダーメイド型コンサルとして、各サロンの実情に応じた総合的かつ根本的な改革をフォローする。

share
髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

美容師の快適で洗練されたサロンワークを演出する革製品ブランド「aruci」。エプロンやシザーズケースなどが人...

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

【ルベル×imaii×HAIR MODE】『エドル』...

【ルベル×imaii×HAIR MODE】『エドル』...

色を楽しむルベル/タカラベルモントのヘアカラーブランド「edol(エドル)」から、その髪色を長くキープするた...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

ハイトーンカラーをはじめ、自分の心が赴くままにヘアデザインを楽しむ時代、髪のコンディションは複雑になりがち。...

《小さなサロンの働き方改革》労働時間を短縮する!

《小さなサロンの働き方改革》労働時間を短縮する!

「美容師は長時間労働が当たり前」は過去の話。スタッフの労働環境改善を最優先に、営業時間を短縮。それでいて売上...

小さなサロンのアレルギー対応術

小さなサロンのアレルギー対応術

「白髪を染めたいけれど、アレルギーがあるから染められない・・・」そんなお客さまの声に耳を傾けると、小さなサロ...

magazine

pagetop