• ヘアスタイル

すきま
すきま写真家・大塚 卓

人手を離れ、人目につかず、時間と風雨にさらされて、ただありのままをさらけ出している場所や瞬間。すきま写真家の大塚さんは、それを“すきま”と呼び、愛でています。

▲2016年@茅ヶ崎

“すきま”とは

すきま写真を発表し始めたのは2008年のことですが、それ以前からずっと、自分の中に“すきま感覚”はあったと思います。 すきまとは何かって? それは見ていただくのがいちばん早いと思いますが、風雨にさらされた壁とか、打ち捨てられたガレージ、海外の子どもの落書きや海岸に打ち寄せられたボンテージスーツ、奇怪なかたちの雑草など。何と何の間か定かではありませんが、日常の中にある異世界、過去と錯綜している現在、さいはてがない場所のきわ、そういう物事を見つけては写真に収めます。 僕自身、美容師として人間として、いろいろ美しいものをつくろうとしてきました。けれど、あるとき思ったんです。「何にもできないくせに、つくろうとしちゃダメだな」って。以来、つくることから見つけることへとシフトした。すると僕自身、人の意図が働いていない、無作為のものにしか美しさを感じられなくなりました。そんな自分に残されたのが、すきま写真という表現というか、営みだったのです。 すきまには作為がありません。もともとは人間がよかれと思ってつくったものでも、忘れ去られ時を経るうち、用途も意味も失って、なるに任せた姿をさらけ出す。絶えず移り変わりつつ、今だけ、そこにしかない状態を見せている。僕はただ、それをすきまと分かり、写真として持ち帰ります。 画角や構図はまったく考えませんね。後で見て、「現場にはこんなものもあったんだ」と気づくことも多々あります。意外なものが写り込んだり、記憶と違う色が出ていたりして、それがまた良かったりする。すきまに対する感度は常に変わらないと思っていますが、一番怖いのは、写真がうまくなっちゃうこと。いつまでも下手くそなまま、すきまに呼ばれていきたいです。

“すきま”とは
▲2010年@カンボジア・バッタンバン
“すきま”とは
▲2016年@鵠沼海岸
“すきま”とは
▲2016年@茅ヶ崎

※本記事は、『HAIR MODE 』および『HAIR MODE digital 』2017年4月号にて掲載した記事を転載したものです。

2017.09.21
大塚 卓
すきま写真家

おおつか・たく/すきま写真家。1959年生まれ。福岡県出身。美容師のかたわら、芸術活動にいそしむ。ブログ「SUKIMA COLLECTION」「AZOM COLLECTION」にて作品発表中。

share
『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

ルベル/タカラベルモント主催『I.D.2020』結果...

ルベル/タカラベルモント主催『I.D.2020』結果...

ルベル/タカラベルモント主催の『I.D.2020』は、理美容師のステップアップを図るためのコンテスト。国内外...

小さなサロンのアレルギー対応術

小さなサロンのアレルギー対応術

「白髪を染めたいけれど、アレルギーがあるから染められない・・・」そんなお客さまの声に耳を傾けると、小さなサロ...

<連載①回>美容師なら知っておくべき「美容室の医学」...

<連載①回>美容師なら知っておくべき「美容室の医学」...

医者が薬の効能と副作用を患者に説明するように、美容師は、薬剤・薬液が髪や頭皮、体全体へ与える影響を熟知し、対...

【ルベル×imaii×HAIR MODE】『エドル』...

【ルベル×imaii×HAIR MODE】『エドル』...

色を楽しむルベル/タカラベルモントのヘアカラーブランド「edol(エドル)」から、その髪色を長くキープするた...

magazine

pagetop