• ヘアスタイル

美の思想 vol.01
nendo 佐藤オオキ

「つくられたもの」の背景にある、作者の思想に耳を傾けてみませんか。店を、人を、ヘアデザインを生み出すための原点も、ここにあります。

photo by Masayuki Hayashi

「ribbon」/スツール

くるくるとループ状に絡み合った バレエ・シューズのリボンのような形のスツール。 均等なピッチで3本のリボンが交錯することで、 レーザーで切り抜かれた一枚の薄いスチールながらも、 安定した構造となっている。 ハイスツールはループの回数が多く、 一部が足置きとしても利用される。 また、オプションとして座面用クッションを マグネットで装着することも可能。

※本記事は、『美容の経営プラン』2017年6月号にて掲載した記事を転載したものです。

2017.07.13
share
小さなサロンのアレルギー対応術

小さなサロンのアレルギー対応術

「白髪を染めたいけれど、アレルギーがあるから染められない・・・」そんなお客さまの声に耳を傾けると、小さなサロ...

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

ルベル/タカラベルモント主催『I.D.2020』結果...

ルベル/タカラベルモント主催『I.D.2020』結果...

ルベル/タカラベルモント主催の『I.D.2020』は、理美容師のステップアップを図るためのコンテスト。国内外...

《小さなサロンの働き方改革》労働時間を短縮する!

《小さなサロンの働き方改革》労働時間を短縮する!

「美容師は長時間労働が当たり前」は過去の話。スタッフの労働環境改善を最優先に、営業時間を短縮。それでいて売上...

小さなサロンのアレルギー対応術

小さなサロンのアレルギー対応術

「白髪を染めたいけれど、アレルギーがあるから染められない・・・」そんなお客さまの声に耳を傾けると、小さなサロ...

magazine

pagetop