• ヘアスタイル

サロンワーク脳内再生 中村 恵[atelier haruka]編

美容師にとって、実はサロンワークって「ここはどうする? こうしてみよう!」 の自問自答の繰り返しなんです。お仕事中の美容師の目線を盗み、頭蓋骨を割って、ひらめきと決断の数々をあらわにしてみました。今回は、東京・新宿の『atelier haruka』中村 恵さんに密着!

動画で見るならこちらから!

サロンワークの一連の流れはこちらの動画からチェック。

写真で追いかけるならこちらから!

速度制限中のあなたは、こちらから写真で追いかけて。

▲これから女子会を楽しまれるお客さま(右)。セットとポイントメイクをオーダーされ、「“かわいい”より“きれい”が好み。ローポニーにしたいです」とのこと。約30分の時短仕上げにも注目。

▲最初に、T‌P‌Oと共に服装をチェック。襟ぐりや色みにご本人の好みが現れます。
(お客さま)「夕方から数時間楽しむ予定です」

▲まず、ホットカーラーでクセづけます。
(中村)「顔周りの毛は残しますか?」
(お客さま)「いいえ、全部巻いてください」
顔周りに後れ毛を出したい方も多いので、要確認です。

▲巻いている間にメイクを。女子会でのヘア&メイクは、結婚式二次会やデートよりも、トレンド感とご本人の好みを強く打ち出すと喜ばれます。

▲(中村)「アイメイクは普段何色ですか?」
(お客さま)「ブラウンです」
(中村)「同じブラウンでも、暖色系だと女子らしさ、寒色系だと格好良さが出ますが、どちらがお好みですか?」
(お客さま)「では、暖色で」

▲(中村)「こんなふうにゴールドのラメを足すのはいかがですか。まばたきしたときキラキラしますよ」
普段のメイクに少し特別感を出すのがおすすめです。

▲まず、ブラウンのアイシャドウでグラデーションに。黒目がちで丸い目が魅力的なお客さま。今日は、大人っぽくするために目尻にポイントを置き、横幅を引き出します。

▲まぶたの中心に、ゴールドのラメを乗せます。目の縦幅が強調されないように細さを意識して。

▲アイラインは、まつ毛の隙間を埋めながら、目尻を長めに引きます。

▲長時間のイベントなので、崩れにくいよう下まぶたをパウダーで押さえましょう。

▲マスカラは黒。

▲下まぶたをベージュのパウダーでなぞります。女子会で写真を撮るときに、レフ版の役割をして瞳を引き立てるんです!

▲アイブロウは、きれいな形に整えられているので、元の形を生かして自然に仕上げます。

▲チークの前に一つ確認。
(中村)「リップは何色になさいますか?」
(お客さま)「濃いめのピンクがいいです」
(中村)「では、チークは薄めにしておきますね」
ご希望を聞きつつ、全体のバランスを大切に。

▲リップは、マットだと落ち着いてしまうので、グロスを重ねて夏らしさを出しましょう。

▲メイク完了、ここまで約10分が基本です。
(お客さま)「いい感じです!」

▲(中村)「ヘアはどんな感じがお好みですか。襟元が華やかなお洋服なので、前から見てすっきりした、このあたりがお勧めです」
(お客さま)「では、これをお願いします」
シーズンごとにつくられるオリジナルのスタイルブックを参考に提案を行ないます。毎シーズン約40スタイルを累積して頭に入れています!

▲ホットカラーを取って。今日は崩れにくくするために強めにクセづけています。

▲(中村)「前髪は、このくらいの量でよろしいですか?」
(お客さま)「はい」
前髪の分け目や量はご本人に必ず確認します。

▲トップと両サイド、アンダーに分けて……。

▲アンダーに土台をつくります。

▲トップは逆毛を立ててこんもり膨らむように。

▲土台に被せてねじり留めます。ブロッキングからほぼ全て手グシでつくっています。今人気のこなれた雰囲気が出しやすいんです。

▲あとは、左右から毛束をねじり込み、崩しながら中央で留めていきます。スタイルブックのイメージに沿って、長さや毛量により微調整します。

▲お客さまは髪が軟らかいので、それを生かして質感をふんわりと。ツヤやかに固めるともったいない気がしました。ここでも、崩れにくいようしっかり巻いておきます。

▲トップに丸みと高さを出して……。

▲(中村)「前髪は、こちらでいかがでしょうか」
(お客さま)「はい」
さあ、完成です。約30分で、大人っぽく華やかに仕上がりました。

やっぱり動画で見たくなったらこちらから再生!

【過去記事一覧】 サロンワーク脳内再生 大元慎一郎[BRIDGE]編はこちらから サロンワーク脳内再生 張替慎伍[AFLOAT]編はこちらから サロンワーク脳内再生 宮本隼輔[MR. BROTHERS CUT CLUB]編はこちらから サロンワーク脳内再生 舘野 唯・阿部彩香[TONI&GUY]編はこちらから ※本記事は、『HAIR MODE 』および『HAIR MODE digital 』2017年9月号にて掲載した記事を転載したものです。

2018.04.16
中村 恵[atelier haruka]

なかむら・めぐみ/愛知県出身。中部ビューティ・デザインカレッジ卒業後、2015年、『atelier haruka』入社。現在、ルミネ新宿店にて活躍中。

share
ルベル/タカラベルモント主催『I.D.2020』結果...

ルベル/タカラベルモント主催『I.D.2020』結果...

ルベル/タカラベルモント主催の『I.D.2020』は、理美容師のステップアップを図るためのコンテスト。国内外...

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

小さなサロンのアレルギー対応術

小さなサロンのアレルギー対応術

「白髪を染めたいけれど、アレルギーがあるから染められない・・・」そんなお客さまの声に耳を傾けると、小さなサロ...

<連載①回>美容師なら知っておくべき「美容室の医学」...

<連載①回>美容師なら知っておくべき「美容室の医学」...

医者が薬の効能と副作用を患者に説明するように、美容師は、薬剤・薬液が髪や頭皮、体全体へ与える影響を熟知し、対...

【ルベル×imaii×HAIR MODE】『エドル』...

【ルベル×imaii×HAIR MODE】『エドル』...

色を楽しむルベル/タカラベルモントのヘアカラーブランド「edol(エドル)」から、その髪色を長くキープするた...

magazine

pagetop