• ヘアスタイル

ヘアカラー提案に不可欠なハイライトカラーを今こそ自分の武器に!

「今人気のハイライトカラー」というフレーズが使われるようになって、何年くらいが経つだろう。それほどヘアカラーメニューとしての定着ぶりを感じさせる「ハイライトカラー」は、その提案によってお客さまをファンに変える、美容師にとって非常に威力を持った武器であると言っても過言ではない。

世代の枠を問わない定番のテクニックに

 技術の研究・継承などによりヘアカラー文化の向上を目指すNPO法人日本ヘアカラー協会(江波戸大介2021年度委員長)は、ヘアカラーのカウンセリングツールとして「Hair Color HighLight Panel(ヘアカラー ハイライト パネル)」をこのほど開発し、9月より全国のJHCA会員への配布を開始した。

Hair Color HighLight Panelの詳細はコチラ>>

 国内屈指のヘアカラリストが集まる団体で考案されたカウンセリングツールであるから、非常に便利な代物であることは間違いない。ここでその話題を取り上げたのは、その宣伝をしたいのではなく、同団体がそういったツールを開発するくらい、ハイライトカラーが単なる流行ではなく、ヘアカラーメニューの展開においてコアな存在になっているという一つの裏付けがであることを、改めて認知いただくためだ。

 ただ、コントラストの強弱によって立体感を表現するのは、ハイライトカラーにおいては基本中の基本。そこに色みを絡ませたさまざまな技術によるち密なデザインの構築があってこそ、サロンヘアカラーとしての価値が高まる。ハイライトカラーはすでに「ナチュラル」「外国人風」といったふんわりとした表現から、さらに先を行くデザインへとフェーズが移行しているようだ。

 このほど小社より発刊した『全世代のオシャレを追求! ハイライトカラー徹底マスター』は、タイトル通りハイライトカラーをマスターするためのあらゆる情報を1冊に凝縮。美容師の皆さんの、“技術をもっと極めたい”という意欲を高める誌面構成となっている。

世代の枠を問わない定番のテクニックに
▲繊細な色みを表現するハイライトカラーのヘアスタイルをレングス別に整理して紹介。

まだまだ底を見ないハイライトカラーのデザインポテンシャル

 アフターコロナの新たなヘアカラーを切り開くという意味で、ハイライトカラーのポテンシャルはまだまだ底を見せておらず、今はデザインの引き出しをひたすら増やすために、先進性の高いデザインをどんどん吸収することが得策ではないか。

まだまだ底を見ないハイライトカラーのデザインポテンシャル
▲大人世代に向けたハイライトカラーのデザイン集を一つのカテゴリとして掲載。

 ハイライトカラーのニーズとして、白髪染めの年齢層、いわゆる大人世代の需要が高まっているところが特徴的。ヘアカラー剤は本来、白髪を隠したいという消費者の意識から、品質改善の歴史を繰り返してきたが、ぼかすといった技術が用いられることでデザインに生かすというアプローチが開拓された。ハイライトカラーでは、その傾向がより顕著になって大人女性のオシャレ欲を満たしている。

▲昨年10月に『ゼロからはじめるバレイヤージュ入門』を出版したkakimoto armsによるカラー表現とその技法のベーシック解説ページ。

ゼロからはじめるバレイヤージュ入門
kakimoto arms/著 女性モード社刊
定価4,180円(本体3,800円)
▲白髪を“隠す”“ぼかす”テクニックに加え、JHCA2021年度委員長であるimaii 江波戸大介氏が白髪を“生かす”ヘアカラーレシピを公開。

 ひと頃、自然な風合いの染まり具合で、ホームカラー、セルフカラーの評価が高まったことがあったが、それはあくまでも単色の白髪染めの領域においての話。今求められる透明感やツヤ感、繊細な色みの表現は、プロだからできる技。そしてハイライトカラーこそ、プロの技術を発揮する最高のステージと言えるのだろう。



『全世代のオシャレを追求! ハイライトカラー徹底マスター』

女性モード社刊 4,290円(本体3,900円)

女性モード社公式サイト>>こちら

Amason.co.jpでご購入>>こちら

『女性モード社』楽天市場店>>こちら

2021.09.30
share
【コンテスト参加者募集中!】仮想「id creati...

【コンテスト参加者募集中!】仮想「id creati...

2年ぶりに帰ってくる、ルベル/タカラベルモント(株)主催のコンテスト「id」。実際の大会を前に、Zoomを使...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

美容師の快適で洗練されたサロンワークを演出する革製品ブランド「aruci」。エプロンやシザーズケースなどが人...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

ハイトーンカラーをはじめ、自分の心が赴くままにヘアデザインを楽しむ時代、髪のコンディションは複雑になりがち。...

【FIOLE×森戸俊樹】失敗しないブリーチワークを実...

【FIOLE×森戸俊樹】失敗しないブリーチワークを実...

色がきれいに抜けない、ダメージにつながったなどの苦い経験がある人も多いのが、ブリーチ。オンカラーでは思い通り...

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

ヘアサロンにもサステナブルを。ヘアケアブランド「ヘア...

ヘアサロンにもサステナブルを。ヘアケアブランド「ヘア...

2015年の国連サミットで採択されて以来、世界的に注目されている「SDGs(持続可能な開発目標)」。ヘアサロ...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

昨今メンズヘアの中で広がりを見せるのが、ナチュラルテイストのスタイリング。適度なセットカと、やり過ぎない素髪...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

(株)アリミノ、『DaB』の人気の秘密に迫る「SUP...

(株)アリミノ、『DaB』の人気の秘密に迫る「SUP...

 頭髪化粧品メーカーの(株)アリミノ(田尾大介代表取締役社長)は、7月26日(火)12時30分より、東京都新...

革新的な透明感をかなえる『edol』に3色が追加、ブ...

革新的な透明感をかなえる『edol』に3色が追加、ブ...

 理美容室専売の化粧品ブランド「ルベル」のサロン用ヘアカラー『edol(エドル)』から、彩りを拡げる3つの新...

magazine

pagetop