• ヘアスタイル

【連載】フォトジェニックなフォトシュートテク 自然光で撮影編 フォトシュート

どうせ撮るなら、撮られるなら、フォトジェニックがいい。光や、シチュエーション別などで変わるヘア&メイクと、最適な撮影方法をジャッキーさん[AFLOAT]が伝授! 連載の第5回は、自然光で撮影する方法について。

どうする?
カメラの設定について

一眼レフのモードダイヤルを見てみると、アルファベットが並んでいます。カメラが自動で設定するのか、撮影者が設定するのかを決められます。今回は「M」のマニュアルで、目指す写真に合わせて撮れるように設定します。マニュアル撮影の達人になれば、プログラムオートでは撮れない、自分らしさのある写真が撮れるようになります。

どうする?<br />
カメラの設定について

【モードダイヤルのアルファベットの意味】 ●M……マニュアル 撮影者がシャッタースピードと絞りを設定する。 ●Av……絞り優先 撮影者が絞りを決定すると、自動で最適なシャッタースピードになる。 ●Tv……シャッタースピード優先 撮影者がシャッタースピードを決定し、最適な絞りに自動設定される。 ●P……プログラムオート シャッタースピード、絞りは自動的に決定される。 【ジャッキー’s advice】 「適正よりもアンダー(暗め)で撮りたいときや、“絞り・明るさ・暗さ”のイメージがある場合はマニュアルで撮りましょう。ちなみに、ヘアスタイルの撮影においては、Tv(シャッタースピード優先)はあまり使いません」

ジャッキー流
マニュアルテッパン設定!

自然光でマニュアル撮影をする場合、まずはこの数値に設定するのがジャッキー流。 ●ISO感度……100 ●シャッタースピード……1/80 ●絞り(f値)……f2.8 ●ホワイトバランス……オート ●露出補正……標準 【ジャッキー’s advice】 「まずは絞りf2.8と、シャッタースピード1/80を設定したら、ISO100からスタートしましょう。このテッパン設定で明るさが十分な場所を探します。曇りなどで、室内に入る光がどうしても暗いときは、ISOの数字を上げて撮影します」 ●ISO感度とは 光量に応じて設定し、暗い場所でも手ブレせずに被写体を撮影できるようにする。感度は上げれば上げるほどノイズが多くなり、画質が悪くなる。 ●シャッタースピードとは 露出時間をコントロールして、被写体の動きを止めたり、ブラしたりできいるのがシャッタースピード。速いと写真は暗くなり、遅いと明るくなる。 ●絞り(f値)とは 絞りとは、光の入る量を調整して、被写体をくっきり見せたり、ぼかしたりする機能。f値が小さいと明るい写真になり、ピントがあったところ以外はボケる。逆にf値が大きいと暗くなり、ピントが合ったところ以外もボケない。 ●ホワイトバランスとは 白いものを白く写すために設定し、被写体の色の再現性を高めるのがホワイトバランス。 ●露出補正とは 写真を明るくしたり、暗くしたり、露出補正とは自分の思い通りに明るさをコントロールする機能。

自然光で撮るための
最適な撮影空間は?

明るい自然な雰囲気で撮影できるベストな環境は、下の写真のような場所です。特に、やわらかく、ふんわりした透け感のある雰囲気に撮りたいときは、日光が直接当たらないところを選びましょう。直射日光を当てるときは、光と影で遊びたい、少しドラマチックなイメージに変化させたいなど、画として遊びたいときに有効な方法です。

自然光で撮るための<br />
最適な撮影空間は?

●白壁 ヘアスタイルをしっかり見せたい場合、被写体(モデル)の背景は白壁がベター。背景を窓にする場合は、逆光で髪の毛のアウトラインが溶けてしまう可能性があるので、注意が必要です。 ●窓 自然光撮影で、必須なのがもちろん窓。採光のとれる窓が設置されている空間を確保することがマスト。 【ジャッキー’s advice】 「僕が自然光で撮影するときは、バウンス板やレフ板は使いません。自然な肌の感じや、光の具合を大切にしているからです。撮りたい写真のイメージや、肌と髪の質感によって、バウンス板を使うか使わないかを決めましょう」

衣装はどうする?

衣装は写真全体のイメージを決定するうえでも重要なポイントです。最終的なイメージに合わせて、色、フォルム、袖の長さ、首まわりのあき具合、素材(ツルツル、ふわふわ、木綿系、マット系など)、柄のあり・なし、アクセサリーの有無などを決めましょう。特に、髪をキレイに見せたい撮影の場合、髪のレングスが長いと、首まわりのあき具合や、服の色はが影響するので、気を配りたいところです。

衣装はどうする?
▲衣装を決めるタイミングは、ヘアメイクの前が基本。「ふんわりした花柄もいいね」
衣装はどうする?
▲「ボーダーはないね……」
衣装はどうする?
▲「髪が肩につくレングスだし、今回の撮影では白い衣装のほうがイメージに合う!」ということで、コットン素材の白い衣装に決定。

衣装を決定したら、下記の手順でヘアメイクを完成させます。 連載1回めは自然光で撮影編 メイクアップ① 連載2回めは自然光で撮影編 メイクアップ② 連載3回めは自然光で撮影編 ヘアスタイリング① 連載4回めは自然光で撮影編 ヘアスタイリング②

ジャッキー流テッパン設定で撮影スタート

ここからはジャッキーさんの撮影の様子を追いかけていきます!

ジャッキー流テッパン設定で撮影スタート
▲まずは白壁の前に立って、テスト撮影。
ジャッキー流テッパン設定で撮影スタート
▲撮った写真をチェックし、イメージ通りに撮れているかを確認する。
ジャッキー流テッパン設定で撮影スタート
▲カメラ側の設定調整はもちろん、髪のディテールや、メイクもテスト撮影の段階で微調整する。
ジャッキー流テッパン設定で撮影スタート
▲ポージングは大きく変えずに、顔を右に振ったり、左に振ったり、あごを少し上げたり下げたりで、髪がキレイに見える角度を探す。
ジャッキー流テッパン設定で撮影スタート
▲仕上がり写真(photo_Jacky[AFLOAT])。
ジャッキー流テッパン設定で撮影スタート
▲こちらも室内の自然光での仕上がり写真(photo_Jacky[AFLOAT])。

外に移動して、
さらに撮影を続ける!

今回は、サロンのあるビルの階段に出て撮影を続けました。

外に移動して、<br />
さらに撮影を続ける!
▲室内よりも直接、光が当たるため、雰囲気がガラリと変わる。
外に移動して、<br />
さらに撮影を続ける!
▲風の吹き方によっても、髪の動きが変わるので、偶然の表情をとらえることもできる。
外に移動して、<br />
さらに撮影を続ける!
▲仕上がり写真(photo_Jacky[AFLOAT])。
外に移動して、<br />
さらに撮影を続ける!
▲仕上がり写真(photo_Jacky[AFLOAT])。
外に移動して、<br />
さらに撮影を続ける!
▲ある程度、いい写真が撮れたら、光で遊んだ写真などの撮影もおもしろい(photo_Jacky[AFLOAT])。

もっと知りたい!
自然光で撮影するときのコツ

撮影のときの細かいあれこれについて、ジャッキーさんに聞きました。 ——撮影するときのコツやポイントは何ですか? 撮影においてよく言われるのは、実際に見ているモデルは三次元で、画面にうつったものは二次元。だから、目で見ているものにいかに近づけるかが大切です。ヘアスタイルは実際よりも大げさにつくるほうが、写真で見たときにちょうどいいです。何度撮影をしても、撮っては直して、また撮る、の繰り返しです。 ——ジャッキーさんのように上手に撮影できるようになるまで、どうしたらいいですか? どんな感じに撮りたいか、ゴール地点がないとダメだと思います。髪をどう撮りたいのか、何も決めずに撮り続けていると、撮れた写真は明るいのがいいのか、暗いのがいいのかも判断できません。自分の中のゴールを持って撮ってみてください。また、よくあるのは、「モデルの表情はかわいいけど、髪が見えない」ということ。それはNGです! どんなにかわいく撮れても、ゴール地点と違う写真ですから。 ——モデルのポージングはどうしたらいいですか? 最初は考えずに、とにかく髪がキレイに見える角度を探すこと。モデルにも髪がくずれない動きをお願いしましょう。 ——外で撮影するときのポイントは何ですか? 外での撮影は天候に左右されるので、髪をキレイに撮りたいときはなかなか難しいです。ロングヘアは風でかたちが決まりにくいので、避けたほうが無難です。はじめて外で撮影するときは、短めレングスでトライしましょう。 ——背景選びのポイントは何ですか? ヘアスタイルや衣装が、背景の雰囲気と合っているかどうかです。最初は被写体の邪魔にならない背景選びが大切です。

自然光で撮影編は今回で終わりです。 次回はロケ撮影編。 お楽しみに! 連載1回めは自然光で撮影編 メイクアップ① 連載2回めは自然光で撮影編 メイクアップ② 連載3回めは自然光で撮影編 ヘアスタイリング① 連載4回めは自然光で撮影編 ヘアスタイリング②

2017.09.13
ジャッキー
ジャッキー
[AFLOAT]

1978年生まれ。香川県出身。香川理容美容アカデミー卒業後、香川県内2店舗を経て、2008年『AFLOAT』入社。現在『AFLOAT D’L』ヘアクリエイター。

share
小さなサロンのアレルギー対応術

小さなサロンのアレルギー対応術

「白髪を染めたいけれど、アレルギーがあるから染められない・・・」そんなお客さまの声に耳を傾けると、小さなサロ...

ルベル/タカラベルモント主催『I.D.2020』結果...

ルベル/タカラベルモント主催『I.D.2020』結果...

ルベル/タカラベルモント主催の『I.D.2020』は、理美容師のステップアップを図るためのコンテスト。国内外...

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

「フェード」と「パーマ」で究める最強メンズヘア

「フェード」と「パーマ」で究める最強メンズヘア

“男性客は浮気をしない”というのは本当だろうか。  昨今は老舗百貨店においてはエグゼクティブ層を狙ったメン...

【連載】街とひとを切り取るスナップ/No.65 あり...

【連載】街とひとを切り取るスナップ/No.65 あり...

フォトグラファー・山本春花さんと一緒に、原宿の神宮会館で見つけたオシャレびとをスナップ!

magazine

pagetop