• ヘアスタイル

【連載 第2回】在仏美容師・小川みずきのセシボン日記

埼玉県所沢市を中心に3店舗を展開する美容室『アトリエファゴ』では、2016年より、年間2名を目標にフランス店で3ヵ月間の勤務ローテーションを行なっています。2017年10月17日より3ヵ月間、同店スタイリストの小川みずきさんが渡仏しました。25歳の小川さん目線で、フランスの美容室事情をはじめ、ナントの文化、フランスの人々についての写真日記連載を8回にわたってお届けいたします。

フランスのオーガニック事情

日本でも注目されているオーガニック。もちろんフランスでもオーガニック製品への関心は高く、BIO(ビオ)と言います。 スーパーにある野菜から薬局にある化粧品にまで、さまざまな製品にBIOラベルが貼られています。BIOラベルを貼るためには細かい規定が決められています。 それだけフランス人にも人工的に手を加えていない自然なものが今注目されていて、自然派な人たちが多くいます。 フランス店のシャンプーやスタイリング剤もオーガニックのものを使用しています。

フランスのオーガニック事情

ここで驚いたのは、1度このシャンプーを購入して、再度リピートしたい方は、最初に購入したときの使い終わったビンを持ってきて、お店で詰め替えてもらうというシステム。日本ではボトルを再度買わなくて良いようにレフィルを買うのが主流ですが、もはやレフィルを超えたシステムが、フランスでは主流なのです。

日本人からみると斬新とも思われるフランス人の発想に驚きました。これもフランス人の自然を大切にするという心得の1つですね! 便利なものがあふれた現代で、忘れがちな環境への配慮を大切にする意識は大事な心がけだと感じました。

ナントでカットしたモデルたち

ナントでカットしたモデルたち
▲Clementine Badenesさん。地毛のクセ毛を活かしたボブスタイルです。色の抜けたブロンドヘアに、少しオレンジをたしてカラーリングしました。
ナントでカットしたモデルたち
▲Blandine Labasさん。ボーイッシュになりすぎないベリーショート。毛流を美しく見せられるようにカットしました。

【連載 第1回】在仏美容師・小川みずきのセシボン日記「ナントの人々と、美容室」はこちらから

2017.11.28
小川みずき
小川みずき
[ATELIER FAGOT]

おがわ・みずき/1991年生まれ。埼玉県出身。日本美容専門学校卒業後、2012年『ATELIER FAGOT』入社。所沢店にてスタイリストとして勤務。2017年10月より3ヵ月間、フランス店にて勤務中。

share
小さなサロンのアレルギー対応術

小さなサロンのアレルギー対応術

「白髪を染めたいけれど、アレルギーがあるから染められない・・・」そんなお客さまの声に耳を傾けると、小さなサロ...

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

ルベル/タカラベルモント主催『I.D.2020』結果...

ルベル/タカラベルモント主催『I.D.2020』結果...

ルベル/タカラベルモント主催の『I.D.2020』は、理美容師のステップアップを図るためのコンテスト。国内外...

第2弾 在仏美容師・片山芽美のセシボン日記/美容室を...

第2弾 在仏美容師・片山芽美のセシボン日記/美容室を...

埼玉県所沢市を中心に3店舗を展開する美容室『アトリエファゴ』では、2016年より、年間2名を目標にフランス店...

第2弾 在仏美容師・片山芽美のセシボン日記/南仏コリ...

第2弾 在仏美容師・片山芽美のセシボン日記/南仏コリ...

埼玉県所沢市を中心に3店舗を展開する美容室『アトリエファゴ』では、2016年より、年間2名を目標にフランス店...

magazine

pagetop