• ヘアスタイル

サロンワーク脳内再生 張替慎伍[AFLOAT]編

美容師にとって、実はサロンワークって「ここはどうする? こうしてみよう!」 の自問自答の繰り返しなんです。お仕事中の美容師の目線を盗み、頭蓋骨を割って、ひらめきと決断の数々をあらわにしてみました。今回は、東京・新宿の『AFLOAT RUVUA』張替慎伍さんに密着!

動画で見るならこちらから!

サロンワークの一連の流れはこちらの動画からチェック。

写真で追いかけるならこちらから!

速度制限中のあなたは、こちらから写真で追いかけて。

▲本日のお客さまは、就職のために上京して、張替さんのもとを訪れた坂元さん。「鹿児島でサロンモデルをした写真をインスタに上げていたら、張替さんが声をかけてくださいました」

▲今日は、巻いたときに胸上で毛先が弾むように、長さを4〜5センチ切ろう。バックから水平ラインで切って……。

▲このくらい切ってるからね。サイドを切るときに見せればお互い安心。

▲フロントまで、まずは水平ラインに切ります。

▲フロントにレイヤーを入れます。が、こんな風に高くから入れるとシャギーっぽくて大人になりすぎます。

▲このくらい、低いところからすこーしだけ。フレッシュさを大事にしようね。

▲トップからレイヤーを入れます。

▲が、角を取る程度に、すこーしだけ。レイヤーを入れすぎるとくびれが付いて、これまた大人になりすぎます。やらなくてもダメ。ちょっと角を取るだけで、巻いたときの柔らかさがやっぱり全く違うのです!

▲形が大体切れたら、こんなふうにパネルに指先を通して……。

▲厚みを感じたところだけ、中間から毛先にセニングを入れます。

▲表面のセニングは、毛先だけ。セニングは最小限にして、表面から短い毛が出ないように。

▲はい、切れました。ロングはいつも瞬間で終わります。

▲ヘアカラーは、グレージュ。アッシュとシルバーを同量に、サファイアを3割。坂元さん、褪色しやすいみたいだから濃いめに入れとくね。

▲10分置いたらチェック。染まり具合を見るのと、もう一度コーミングしてくれぐれもムラがないように。昔は焦ると裏側が塗れてなくて、先輩にマークされたものです。

▲計20分で染まり上ががり。乾かしていきます。坂元「最近、女の子の服で好きなのありますか?」張替「肩出し。……とあの、スカートの裾がこう切り込んであるやつ!」

▲前髪は、深めから分けてたよね? これは好みだから、お客さまのやりやすい場所を確認します。

▲流し始めを短く。セルフカットだとどうしても、これが逆になっちゃうんだよね?

▲前髪はセニングを使わず、ハサミで軽くしていきます。絶妙に、そっと。

▲もう一度、量感を確認。指を滑らせて……。

▲重さの残っているところにセニングを入れます。量感は、ドライの方がよく分かる。

▲さ、巻いていきます。前髪は、アイロンでやるのが怖いのと、自然に仕上げるためにピンカールしておきます。コットンの優しさを、髪にしみ込ませる感じ。

▲アンダーからコテで巻きます。最近は、フォワードとかリバースとか気にせず、ランダムなのが主流かな。ポイントは、ときに中間を逃がして……。

▲こんなふうにねじりを加えること。

▲カールに表情が加わります。ミドルまでは表面のカールを乗せる土台になるので、中間からボリュームを出しておきます。

▲サラサラの直毛だからこそ、毛先まで熱を通すことが大事。

▲毛先までコテのカーブが付くように。毛先を逃がしちゃうと不自然になる。

▲もう一つポイントは、表面に割り箸くらいの細さの毛束を取って巻くこと。

▲根元からの細いカールが乗ることで、本物のくせ毛みたいに見えます!

▲さらにもう一つポイントは、トップは分け目の向こうから毛束を引っ張ってきて巻くこと。いい立ち上がりが付くので、撮影には必須。けれどお客さまは、違和感があるらしく、サロンワークではあまりしません。

▲前髪も、そろそろいいかな……。

▲自然に散らして。ここの動きに正解はございません。

▲仕上げは、ワックスとクリームのミックスで。今どきの、濡れたような質感を出していきます。

▲ネープから肩前へ出る毛はカールが甘くなりがちなので、最後に巻き直して。

▲そうだ、あと、最近宮村(浩気代表)にアドバイスされるのが、「重心を前に」。顔周りの毛を前に持ってきて……。

▲ちょっと邪魔な毛をつくるのがいいみたいです。ほら、かわいい!

▲完成〜

やっぱり動画で見たくなったらこちらから再生!

【過去記事一覧】 サロンワーク脳内再生 大元慎一郎[BRIDGE]編はこちらから ※本記事は、『HAIR MODE 』および『HAIR MODE digital 』2017年7月号にて掲載した記事を転載したものです。

2018.03.14
張替慎伍[AFLOAT]

はりがえ・しんご/1986年生まれ。茨城県出身。東京文化美容専門学校卒業後、2007年、AFLOAT入社。長いアシスタント期間を経て、デビュー1年で驚異の売れっ子に。

share
【コンテスト参加者募集中!】仮想「id creati...

【コンテスト参加者募集中!】仮想「id creati...

2年ぶりに帰ってくる、ルベル/タカラベルモント(株)主催のコンテスト「id」。実際の大会を前に、Zoomを使...

【FIOLE×森戸俊樹】失敗しないブリーチワークを実...

【FIOLE×森戸俊樹】失敗しないブリーチワークを実...

色がきれいに抜けない、ダメージにつながったなどの苦い経験がある人も多いのが、ブリーチ。オンカラーでは思い通り...

ヘアサロンにもサステナブルを。ヘアケアブランド「ヘア...

ヘアサロンにもサステナブルを。ヘアケアブランド「ヘア...

2015年の国連サミットで採択されて以来、世界的に注目されている「SDGs(持続可能な開発目標)」。ヘアサロ...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

昨今メンズヘアの中で広がりを見せるのが、ナチュラルテイストのスタイリング。適度なセットカと、やり過ぎない素髪...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

ハイトーンカラーをはじめ、自分の心が赴くままにヘアデザインを楽しむ時代、髪のコンディションは複雑になりがち。...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

美容師の快適で洗練されたサロンワークを演出する革製品ブランド「aruci」。エプロンやシザーズケースなどが人...

突撃! となりのカット・カリキュラム
第4回 MI...

突撃! となりのカット・カリキュラム 第4回 MI...

 カットにこだわりを持つサロンは、カット教育において何を重視し、カリキュラムをどのように組んでいるのか。 ...

今、韓国ヘアの専門用語をさりげなく使いこなせる美容師...

今、韓国ヘアの専門用語をさりげなく使いこなせる美容師...

 昨年6月に小社より発行した『韓国ヘアBOOK』に続き、4月25日、『メンズ韓国ヘアBOOK』が満を持して発...

magazine

pagetop