• ヘアスタイル

サロンワーク脳内再生 川辺辰郎[macaroni coast]編

美容師にとって、実はサロンワークって「ここはどうする? こうしてみよう!」 の自問自答の繰り返しなんです。お仕事中の美容師の目線を盗み、頭蓋骨を割って、ひらめきと決断の数々をあらわにしてみました。今回は、東京・渋谷の『macaroni coast』川辺辰郎さんに密着!

動画で見るならこちらから!

サロンワークの一連の流れはこちらの動画からチェック。

写真で追いかけるならこちらから!

速度制限中のあなたは、こちらから写真で追いかけて。

▲もう7、8年の付き合いになるという川辺さん(右)とお客さまの青山さん。前回からピンクの髪色を楽しんでいるそう。「髪伸ばしてる?」と尋ねられると「いえ、短いのが好きです」と青山さん。

▲まずはヘアカラーから。既染部は約13レベル。新生部が伸びているので、この辺までアルカリカラーを使って明るさをグラデーション状にします。

▲ベースカラーはピンクの11レベルと9レベルを3:1で。最初は根元を空けておき、二巡目に塗り直します。

▲二巡目は根元も塗って……、さらにこう、ハケをシャシャッと掃って、毛先と中間の境目をぼかします。

▲そして、表面はランダムに毛束を取って毛先まで塗ります。

▲どこを塗るかは、髪の落ちる位置を踏まえて、明るい毛束が欲しい所に。

▲内側は、全体にベースカラーを薄く塗ってリフトアップしておきます。

▲15分ほど放置して流しました。うん、ツヤツヤ。

▲ここから、塩基性カラーへ。最近は、同系色の多色使いが人気です。今日はピンクのバリエーション。単品、薄めたもの、グレージュを混ぜたもの、赤、の4種を使います(写真はグレージュを混ぜる前)。

▲「表面は、先ほどベースカラーを塗らなかった中間〜毛先を中心に。ランダムに、太めの毛束を取ってホイルワークします。

▲ここは2色を塗り重ねよう。

▲顔周りは薄ピンク。

▲ホイル以外は、最も薄いピンクを重ねます。

▲塗り終わり。表面にホイルワークをするだけで、凝ったデザインができあがります。

▲カットはフォルムを整える程度に。サイドの前下がりラインがあいまいだな……。

▲まずはここから、ブラントで切り進みます。

▲バックまで、前下がりのウエイトラインをつくります。左側も同様です。

▲次にバックから、ウエイトラインとネープ以外のアンダーをグラでつなげます。

▲サイドへ進むにつれパネルを倒して、耳後ろで段差を収束。

▲ほら、良い感じに収まっています。

▲続いて、いったん毛量調整。グラの角度で中間から毛先を削ぎます。ここでは、大まかに量感を取ります。

▲いったんドライ。乾かすとカラーが鮮やかに見える!

▲アンダーから順に、セニングを入れます。量感が多めなので、縦パネルでがっつり削ります。

▲ハチ周りは、横パネルでセニング。膨らみを防ぎます。

▲表面は、レイヤーを入れる感じで毛先をセニング。動きやすくします。

▲最後に、毛先をぼかしたらカット終了!

▲サイドパートにして、アイロンで内巻きに仕上げましょう。

▲トップはこんなふうに根元を立ち上げるとかっこいい。

▲全体にワックスをなじませて、毛流れを整えたら完成です!

やっぱり動画で見たくなったらこちらから再生!

【過去記事一覧】 サロンワーク脳内再生 大元慎一郎[BRIDGE]編はこちらから サロンワーク脳内再生 張替慎伍[AFLOAT]編はこちらから サロンワーク脳内再生 宮本隼輔[MR. BROTHERS CUT CLUB]編はこちらから サロンワーク脳内再生 舘野 唯・阿部彩香[TONI&GUY]編はこちらから サロンワーク脳内再生 中村 恵[atelier haruka]編はこちらから サロンワーク脳内再生 山㟢香菜子[apish coco]編はこちらから サロンワーク脳内再生 草場早織[allys hair]編はこちらから サロンワーク脳内再生 ワタロー[LIM]編はこちらから サロンワーク脳内再生 木村亜里紗[ZA/ZA]編はこちらから サロンワーク脳内再生 山内大成[Ramie]編はこちらから ※本記事は、『HAIR MODE 』および『HAIR MODE digital 』2018年3月号にて掲載した記事を転載したものです。

2018.05.30
川辺辰郎[macaroni coast]

かわべ・たつろう/1988年生まれ。大分県出身。大村美容ファッション専門学校卒業。2011年、東京・渋谷の『macaroni coast』入社。トレンド感のあるヘアカラーが得意。

share
ヘアサロンにもサステナブルを。ヘアケアブランド「ヘア...

ヘアサロンにもサステナブルを。ヘアケアブランド「ヘア...

2015年の国連サミットで採択されて以来、世界的に注目されている「SDGs(持続可能な開発目標)」。ヘアサロ...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

ハイトーンカラーをはじめ、自分の心が赴くままにヘアデザインを楽しむ時代、髪のコンディションは複雑になりがち。...

【コンテスト参加者募集中!】仮想「id creati...

【コンテスト参加者募集中!】仮想「id creati...

2年ぶりに帰ってくる、ルベル/タカラベルモント(株)主催のコンテスト「id」。実際の大会を前に、Zoomを使...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

昨今メンズヘアの中で広がりを見せるのが、ナチュラルテイストのスタイリング。適度なセットカと、やり過ぎない素髪...

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

【FIOLE×森戸俊樹】失敗しないブリーチワークを実...

【FIOLE×森戸俊樹】失敗しないブリーチワークを実...

色がきれいに抜けない、ダメージにつながったなどの苦い経験がある人も多いのが、ブリーチ。オンカラーでは思い通り...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

美容師の快適で洗練されたサロンワークを演出する革製品ブランド「aruci」。エプロンやシザーズケースなどが人...

突撃! となりのカット・カリキュラム
第4回 MI...

突撃! となりのカット・カリキュラム 第4回 MI...

 カットにこだわりを持つサロンは、カット教育において何を重視し、カリキュラムをどのように組んでいるのか。 ...

突撃! となりのカット・カリキュラム 第2回
SC...

突撃! となりのカット・カリキュラム 第2回 SC...

 カットにこだわりを持つサロンは、カット教育において何を重視し、カリキュラムをどのように組んでいるのか。 ...

magazine

pagetop