• ヘアスタイル

美しく描くのではなく、かけがえのない魅力を描く
洋画家・中島健太

洋画家の中島健太氏は、国内最大の総合美術展・日展(日本美術展覧会)において、初出展では最年少となる24歳でグランプリに相当する特選を受賞。2014年には2度目の特選を受賞しました。20代で2回の特選受賞は、洋画家・小磯良平にならぶ記録で、次代の絵画界を担うと目されている存在です。

先入観をいだかずに
その人らしさを見る

 中島健太氏の制作手法は油絵で、作品の多くは女性を題材にしている。その理由について、同氏は次のように話す。 「男性にとって、女性はミステリアスであり、美しさを感じる究極の存在。この世に存在する美しいものを伝えたいという気持ちが、創作への大きな動機となっています」  作品は、『写実絵画』といわれるジャンルに属する。人間の目は、両目の視差によって遠近を知覚する。人間が見ている空間と、写真が表現する空間とはおのずと異なる。目で見たものを忠実に描くのが写実絵画であれば、作家性はどういったところに宿るのだろうか。 「写実画家には、写真と見分けがつかない絵を描く超絶技巧派もいれば、感性に根ざした省略や強調によって、独自の世界観を構築する作家もいます。誤解をおそれずにいうならば、私自身はコンセプトを持たない作家。こういう趣旨で描きたい、と思って題材を探すことはなく、最初に美しいもの、美しい人ありきで、そこが創作の出発点です。素材の魅力が高ければ高いほど、作家としての〝味つけ〟は必要ないと考えています」  モデルにしかない魅力を抽出するために重要なのは、先入観を持たないこと。頭の中でポージングを想定しても、実際にはモデルのイメージと合致しないことも多い。コミュニケーションを重ねながら、モデルの女性像を最も象徴する表情やポージングを探り出していく。 「作家としての内面的な発露を表現するのではなく、目の前にいる人のかけがえのない美しさを抽出し、それを筆先に伝えるのが私のスタイル。そうすることで、私が感じた美しさを見る人に伝えたいと思っています」

先入観をいだかずに<br />
その人らしさを見る

 作品でモデルをつとめた女性は、絵を鑑賞した人から「あなた以上に、あなたらしさを感じる」と評されることが多いという。その人の本質をすくい取るからこそ、本物以上に本物らしさが立ちのぼるのだろうか。  中島作品にあるもう1つの大きな魅力は、女性ならではの柔らかでやさしい雰囲気。モデルの空気感までもを伝える独自のアプローチは、同氏ならではの視線によって培われてきた。 「ストレートに女性らしさを探すのではなく、男性にない部分を見ること。そうして余分を排することで、浮き彫りのように女性ならではの透明感、強さやはかなさが際立って見えるのです」  女性に対するリスペクトを抱きながら、まっさらな心で目の前の女性と向き合うこと。その人が持つ美しさの本質が、画家の目に映し出されたとき、また1つ新たな作品が生まれることになる。



写実的な表現の中に、その女性ならではの空気感までも描き出す。創作のペースは年に60点ほど。

空間認識能力を磨くため、日々モデルのデッサンに取り組む。

改組 新 第1回日展(2014年)で2度目の特選受賞となった『After Dark』。

※本記事は、『HAIR MODE 』および『HAIR MODE digital 』2017年4月号にて掲載した記事を転載したものです。

2017.06.08
中島健太
中島健太

なかじま・けんた/洋画家。1984年生まれ。東京都出身。2009年、’14年の日展で特選受賞。20代で2度の受賞は史上2人目。個展の開催、展覧会への出品など精力的に活動中。

share
MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

ハイトーンカラーをはじめ、自分の心が赴くままにヘアデザインを楽しむ時代、髪のコンディションは複雑になりがち。...

【ルベル×imaii×HAIR MODE】『エドル』...

【ルベル×imaii×HAIR MODE】『エドル』...

色を楽しむルベル/タカラベルモントのヘアカラーブランド「edol(エドル)」から、その髪色を長くキープするた...

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

美容師の快適で洗練されたサロンワークを演出する革製品ブランド「aruci」。エプロンやシザーズケースなどが人...

<連載③回>美容師なら知っておくべき「美容室の医学」...

<連載③回>美容師なら知っておくべき「美容室の医学」...

医師が薬の効能と副作用を患者に説明するように、美容師は、薬剤・薬液が髪や頭皮、体全体へ与える影響を熟知し、対...

頭皮を育む最新毛髪科学【Lesson 2】 監修_ ...

頭皮を育む最新毛髪科学【Lesson 2】 監修_ ...

最新のヘアケア研究では、髪の土壌である頭皮をケアして髪質改善を狙う方法に注目が集まる。その考え方を理解するた...

magazine

pagetop