• ヘアスタイル

美しく描くのではなく、かけがえのない魅力を描く
洋画家・中島健太

洋画家の中島健太氏は、国内最大の総合美術展・日展(日本美術展覧会)において、初出展では最年少となる24歳でグランプリに相当する特選を受賞。2014年には2度目の特選を受賞しました。20代で2回の特選受賞は、洋画家・小磯良平にならぶ記録で、次代の絵画界を担うと目されている存在です。

先入観をいだかずに
その人らしさを見る

 中島健太氏の制作手法は油絵で、作品の多くは女性を題材にしている。その理由について、同氏は次のように話す。

「男性にとって、女性はミステリアスであり、美しさを感じる究極の存在。この世に存在する美しいものを伝えたいという気持ちが、創作への大きな動機となっています」

 作品は、『写実絵画』といわれるジャンルに属する。人間の目は、両目の視差によって遠近を知覚する。人間が見ている空間と、写真が表現する空間とはおのずと異なる。目で見たものを忠実に描くのが写実絵画であれば、作家性はどういったところに宿るのだろうか。

「写実画家には、写真と見分けがつかない絵を描く超絶技巧派もいれば、感性に根ざした省略や強調によって、独自の世界観を構築する作家もいます。誤解をおそれずにいうならば、私自身はコンセプトを持たない作家。こういう趣旨で描きたい、と思って題材を探すことはなく、最初に美しいもの、美しい人ありきで、そこが創作の出発点です。素材の魅力が高ければ高いほど、作家としての〝味つけ〟は必要ないと考えています」

 モデルにしかない魅力を抽出するために重要なのは、先入観を持たないこと。頭の中でポージングを想定しても、実際にはモデルのイメージと合致しないことも多い。コミュニケーションを重ねながら、モデルの女性像を最も象徴する表情やポージングを探り出していく。

「作家としての内面的な発露を表現するのではなく、目の前にいる人のかけがえのない美しさを抽出し、それを筆先に伝えるのが私のスタイル。そうすることで、私が感じた美しさを見る人に伝えたいと思っています」

先入観をいだかずに<br />
その人らしさを見る

 作品でモデルをつとめた女性は、絵を鑑賞した人から「あなた以上に、あなたらしさを感じる」と評されることが多いという。その人の本質をすくい取るからこそ、本物以上に本物らしさが立ちのぼるのだろうか。

 中島作品にあるもう1つの大きな魅力は、女性ならではの柔らかでやさしい雰囲気。モデルの空気感までもを伝える独自のアプローチは、同氏ならではの視線によって培われてきた。

「ストレートに女性らしさを探すのではなく、男性にない部分を見ること。そうして余分を排することで、浮き彫りのように女性ならではの透明感、強さやはかなさが際立って見えるのです」

 女性に対するリスペクトを抱きながら、まっさらな心で目の前の女性と向き合うこと。その人が持つ美しさの本質が、画家の目に映し出されたとき、また1つ新たな作品が生まれることになる。



写実的な表現の中に、その女性ならではの空気感までも描き出す。創作のペースは年に60点ほど。

空間認識能力を磨くため、日々モデルのデッサンに取り組む。

改組 新 第1回日展(2014年)で2度目の特選受賞となった『After Dark』。

※本記事は、『HAIR MODE 』および『HAIR MODE digital 』2017年4月号にて掲載した記事を転載したものです。

2017.06.08
中島健太
中島健太

なかじま・けんた/洋画家。1984年生まれ。東京都出身。2009年、’14年の日展で特選受賞。20代で2度の受賞は史上2人目。個展の開催、展覧会への出品など精力的に活動中。

share
【連載企画Vol.3】伸びしろは、ここにある!デザイ...

【連載企画Vol.3】伸びしろは、ここにある!デザイ...

町のお客さまを開拓し、さらなる支持を受けるカギを巧みなデザインカラー提案に見出した全国各地の美容師に突撃取材...

髪のダメージ軽減を実現!ヤーマンのカールアイロンでか...

髪のダメージ軽減を実現!ヤーマンのカールアイロンでか...

どんな洗練されたデザインも、髪の美しさがあってこそ! ダメージを抑え、髪にツヤと潤いを与えるヤーマンの『ヴェ...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

昨今メンズヘアの中で広がりを見せるのが、ナチュラルテイストのスタイリング。適度なセットカと、やり過ぎない素髪...

<特別対談>売り込みゼロで新規&リピート多数!売上増...

<特別対談>売り込みゼロで新規&リピート多数!売上増...

真空吸引で頭皮の老化脂を取り除いて有効成分を届け、さらにリラクゼーション効果も期待できる「頭頭脳プログラム」...

サロン経営課題の解決に導く「SUBLIMIC(サブリ...

サロン経営課題の解決に導く「SUBLIMIC(サブリ...

サブリミックとは、スタッフもお客さまも仕上がりの違いを即実感できるヘア&スカルプケアブランドであり、「スタッ...

新ヘッドスパメニューに! 店販に! 
医療ベースの...

新ヘッドスパメニューに! 店販に! 医療ベースの...

多数の芸能人に愛用された美顔器「セルキュア4T PLUS」の姉妹品として、ヘッドケア施術も可能になった「セル...

水に驚異の洗浄力をもたらす注目のナノバブル発生装置『...

水に驚異の洗浄力をもたらす注目のナノバブル発生装置『...

dakotaが求める「サロンの価値」をかなえる上で、必然だった『marbb(マーブ)』との出会い。小谷英智香...

【ストレートパーマ剤に新テクノロジー】しなやか&ツヤ...

【ストレートパーマ剤に新テクノロジー】しなやか&ツヤ...

ワンランク上のストレートを実現する、人気のパーマ剤「クリスタライジング ストレート」が、この春、8年ぶりにリ...

ヘアモード編集部・山田が体験!『THEÓ(ジオ)スタ...

ヘアモード編集部・山田が体験!『THEÓ(ジオ)スタ...

タカラベルモント(株)の化粧品ブランド「ルベル」のメンズヘアケアシリーズ『THEÓ(ジオ)』の誕生から今年で...

店販で単価アップの切り札!
大人客の美意識に応える...

店販で単価アップの切り札! 大人客の美意識に応える...

店販品の中でも、大幅な単価アップが見込めるヘアアイロン。中でも、大人の悩みに寄り添うヤーマン『ヴェーダヘアボ...

リフト力 × 操作性でかなえる
“フレンチパールカ...

リフト力 × 操作性でかなえる “フレンチパールカ...

今季注目を集めているのは、ダメージを感じさせない真珠のような輝きと、滑らかな質感が魅力の「フレンチパールカラ...

【連載企画Vol.4】伸びしろは、ここにある!デザイ...

【連載企画Vol.4】伸びしろは、ここにある!デザイ...

町のお客さまを開拓し、さらなる支持を受けるカギを巧みなデザインカラー提案に見出した全国各地の美容師に突撃取材...

8月1日発売「ヘアモード」9月号の特集はここがスゴイ...

8月1日発売「ヘアモード」9月号の特集はここがスゴイ...

「この町いちばんのヘアデザイナーになる!」をコンセプトに、毎月独特の視点で、ヘアデザインやそれをつくり出す技...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

magazine

pagetop