• ヘアスタイル

エロ髪美容師による〝エロ髪〞づくりのコツ

自称“エロ髪美容師”として、ヘアデザインで女の子の自然な色気を引き出す『NORA Journey』阿形聡美さん。エロ髪のポイントは、抜け感、清潔感、湿度、二面性の4つ。早速そのつくり方をチェック!

hair design & make-up_ Satomi Agata[NORA Journey] photo_ Yuri Hanamori
Tシャツ ¥11,500/MELANGE

エロ髪のポイント1 抜け感

自宅でリラックスしているときにしか見せないような無防備な雰囲気を表現。毛先の動きと、毛束の間に生まれる隙間であどけない表情に。

エロ髪のポイント1 抜け感

エロ髪のポイント2 清潔感

思わず触りたくなるような清潔感が大切。頭をなでられることを想定し、スタイリング剤のつけすぎはNG。

エロ髪のポイント2 清潔感

詳しいエロ髪のつくり方のショート編は下記より。

エロ髪のポイント3 湿度

水分が行き届いたうるおいのある髪は色っぽさの王道。シアバターはオイルワックスなど、ツヤと束感を両立できるスタイリング剤がおすすめ。

エロ髪のポイント3 湿度

エロ髪のポイント4 二面性

1つのスタイルでも異なる表情を持たせるようにカット。分け目を変えることで、いつもと変化をつけたり、結んだときの顔まわりのおくれ毛で「隙」を演出。

エロ髪のポイント4 二面性

詳しいエロ髪のつくり方のミディアム編は下記より。

“エロ髪”つくった『NORA Journey』阿形さん(右)と、撮影をしたフォトグラファー・花盛友里さん(左)。2人のエロトークは「いま知りたいのは、こんな〝エロ髪女子のこと」で紹介しています。 ※本記事は、『HAIR MODE 』および『HAIR MODE digital 』2017年5月号にて掲載した記事を転載したものです。

2017.05.31
阿形聡美 [NORA Journey]/フォトグラファー・花盛友里
阿形聡美 [NORA Journey]/フォトグラファー・花盛友里

あがた・さとみ/1986 年生まれ。兵庫県出身。関西美容専門学校卒 業後、都内1店舗を経て『NORA』入社。2013年1月より『NORA Journey』立ち上げに参加。現在、同 店トップデザイナー兼副店長。

はなもり・ゆり/1983年生まれ。大阪府出身。中学時代から写真の楽しさに目覚め、2009年よりフリーランスとして活動開始。2016年、女性の自然で美しい姿をおさめたヌード写真集「脱いでみた。」を発行。

share
髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

髪の毛の侵入と汚れを防ぐ靴カバー『シューズアーマー』...

美容師の快適で洗練されたサロンワークを演出する革製品ブランド「aruci」。エプロンやシザーズケースなどが人...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

“キメ過ぎない”が、いい。オトコの自然なカッコ良さを...

昨今メンズヘアの中で広がりを見せるのが、ナチュラルテイストのスタイリング。適度なセットカと、やり過ぎない素髪...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

MORIYOSHI[SHACHU]のヘアカラーデザイ...

ハイトーンカラーをはじめ、自分の心が赴くままにヘアデザインを楽しむ時代、髪のコンディションは複雑になりがち。...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.2】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

『クールグリース』をシェアする、彼/彼女の髪事情

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

【vol.1】頭皮の悩みにアプローチ 次世代ヘアケア...

潤う頭皮に導き、未来の髪を思いやるケアとして注目を集める「ルベル ワン」。髪のみならず、頭皮ケアと連動する提...

今、韓国ヘアの専門用語をさりげなく使いこなせる美容師...

今、韓国ヘアの専門用語をさりげなく使いこなせる美容師...

 昨年6月に小社より発行した『韓国ヘアBOOK』に続き、4月25日、『メンズ韓国ヘアBOOK』が満を持して発...

幻のベストセラーも紹介! 2月の書籍売れ筋ランキング...

幻のベストセラーも紹介! 2月の書籍売れ筋ランキング...

 今年2月の小社書籍売上データより、ヘアカラーをメインとした本をピックアップしてランキング。上位はやはり新刊...

magazine

pagetop